Veeam Backup & Replicationサーバー

このページで

    Veeam Backup & Replicationサーバーをインストールするには、次の構文を持つコマンドを使用します。

    msiexec.exe [/L*v "<path_to_log>"] /qn /i "<path_to_msi>" ACCEPT_EULA="1" ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1" [INSTALLDIR="<path_to_installdir >"] [VBR_LICENSE_FILE="<path_to_license_file>"] [VBR_SERVICE_USER="<Veeam_B&R_Service_account>"] [VBR_SERVICE_PASSWORD="<Veeam_B&R_Service_account_password>"] [VBR_SERVICE_PORT="<Veeam_B&R_Service_port>"] [VBR_SECURE_CONNECTIONS_PORT="<SSL_port>"] [VBR_SQLSERVER_SERVER="<SQL_server>"] [VBR_SQLSERVER_DATABASE="<database_name>"][VBR_SQLSERVER_AUTHENTICATION="0"] [VBR_SQLSERVER_USERNAME="<SQL_auth_username>"] [VBR_SQLSERVER_PASSWORD="<SQL_auth_password>"] [VBR_IRCACHE="<path_to_instant_recovery_cache_folder>"] [VBR_CHECK_UPDATES="1"][VBR_AUTO_UPGRADE="1"]

    このコマンドは、 Veeam Backup & ReplicationコンソールとVeeamPowerShellモジュールをインストールしませんVeeam Backup & Replicationコンソールをインストールするには、 Veeam Backup&ReplicationConsoleで指定されたコマンドを実行します。Veeam PowerShellモジュールは、 Veeam Backup & Replicationコンソールとともにインストールされます。

    このコマンドには、次のパラメータが含まれています。

    オプション

    パラメータ

    必須

    説明

    / L

    *vログファイル

    いいえ

    インストールログファイルを詳細出力の設定で作成します。ログファイルのフルパスをパラメータ値として指定します。前回のインストールで作成されたセットアップログファイルは、クリアされます。

    例:/L*v "C:\ProgramData\Veeam\Setup\Temp\Logs\Backup.txt"

    / q

    n

    はい

    ユーザーインターフェイスのレベルを「いいえ」に設定すると、インストール時にユーザーによる操作が不要になります。

    /i

    セットアップファイル

    はい

    Veeam Backup & Replicationサーバーをインストールします。セットアップファイルのフルパスをパラメータ値として指定します。

    例:/i "C:\Veeam\Server.x64.msi"

    ACCEPTEULA

    0/1

    はい

    Veeamライセンス契約に同意するかどうかを指定します。ライセンス契約に同意し、インストールを続けるには、1を指定します。

    例:ACCEPT_EULA="1"

    ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES

    0/1

    はい

    Veeamが取り入れている第三者コンポーネントのライセンス契約に同意するかどうかを指定します。ライセンス契約に同意し、インストールを続けるには、1を指定します。

    例:ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1"

    INSTALLDIR

    パス

    いいえ

    指定した場所にコンポーネントをインストールします。デフォルトで、Veeam Backup & Replicationは、C:\Program Files\Veeam\Backup and Replication\フォルダのBackupサブフォルダを使用します。

    例:INSTALLDIR="C:\Backup\"
    このコンポーネントは、 C:\Backup\Backup フォルダにインストールされます。

    VBR_LICENSE_FILE

    ライセンスのパス

    いいえ

    ライセンスファイルのフルパスを指定します。このパラメータを指定しなかった場合、Veeam Backup & ReplicationはCommunity Editionモードで動作します。

    例:VBR_LICENSE_FILE="C:\Users\Administrator\Desktop\enterprise - veeam_backup_trial_0_30.lic"

    VBR_SERVICE_USER

    ユーザー

    いいえ

    Veeam Backup Serviceを実行するアカウントを指定します。アカウントは、インデックスファイルが格納されるVBRCatalogフォルダのフルコントロールNTFS権限と、構成データベースを展開する予定のMicrosoft SQL Serverにある、構成データベースのデータベース所有者権限を持っている必要があります。

    このパラメータを指定しないと、Veeam Backup Serviceは、LocalSystemアカウントで実行されます。

    VBR_SERVICE_USERパラメータとともに、VBR_SERVICE_PASSWORDパラメータを指定する必要があります。

    例:VBR_SERVICE_USER="BACKUPSERVER\Administrator"

    VBR_SERVICE_PASSWORD

    パスワード

    いいえ

    VBR_SERVICE_USERパラメータを指定した場合、このパラメータを使用する必要があります。

    Veeam Backup Serviceを実行するアカウントのパスワードを指定します。

    例:VBR_SERVICE_PASSWORD="1234"

    VBR_SERVICE_PORT

    ポート

    いいえ

    Veeam Backup Serviceで使用するTCPポートを指定します。

    デフォルトでは、ポート番号9392が使用されます。

    例:VBR_SERVICE_PORT="9395"

    VBR_SECURE_CONNECTIONS_PORT

    ポート

    いいえ

    マウントサーバーとバックアップサーバー間の通信に使用するポートを指定します。デフォルトでは、ポート9401が使用されます。

    例:VBR_SECURE_CONNECTIONS_PORT="9402"

    VBR_SQLSERVER_SERVER

    SQLサーバー/インスタンス

    いいえ

    構成データベースを展開するMicrosoft SQL Serverとインスタンスを指定します。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは、Microsoft Windows 7またはMicrosoftWindows Server 2008 R2を実行しているマシンには(local)\VEEAMSQL2012サーバーを使用し、Microsoft Windows Server 2012以降を実行しているマシンには(local)\VEEAMSQL2016 を使用します。

    例:VBR_SQLSERVER_SERVER="BACKUPSERVER\VEEAMSQL2016_MY"

    VBR_SQLSERVER_DATABASE

    データベース

    いいえ

    構成データベースの名前を指定します。

    デフォルトでは、構成データベースはVeeamBackupという名前で展開されます。

    例:VBR_SQLSERVER_DATABASE="VeeamBackup"

    VBR_SQLSERVER_
    AUTHENTICATION

    0/1

    いいえ

    Veeam Backup & Replication構成データベースが展開されているMicrosoft SQL Serverに、SQL Server認証モードを使用して接続するかどうかを指定します。

    SQL Server認証モードを使用する場合は、1を指定します。このパラメータを使用しない場合、Veeam Backup & Replicationは、Microsoft SQL ServerにMicrosoft Windows認証モードで接続します(デフォルト値は0)。

    このパラメータとともに、VBR_SQLSERVER_USERNAMEおよびVBR_SQLSERVER_PASSWORDの各パラメータを指定する必要があります。

    例:VBR_SQLSERVER_AUTHENTICATION="1"

    VBR_SQLSERVER_
    USERNAME

    ユーザー

    いいえ

    VBR_SQLSERVER_AUTHENTICATIONパラメータを指定した場合、このパラメータを使用する必要があります。

    Microsoft SQL Serverに、SQL Server認証モードで接続するログインIDを指定します。

    例:VBR_SQLSERVER_USERNAME="sa"

    VBR_SQLSERVER_
    PASSWORD

    パスワード

    いいえ

    VBR_SQLSERVER_AUTHENTICATIONパラメータを指定した場合、このパラメータを使用する必要があります。

    Microsoft SQL ServerにSQL Server認証モードで接続するためのパスワードを指定します。

    例:VBR_SQLSERVER_PASSWORD="1234"

    VBR_IRCACHE

     

    path

    No

    インスタントリカバリのキャッシュの保存先となるフォルダを指定します。デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは、たとえば、C:\ProgramData\Veeam\Backup\IRCache\など、最大の空き容量を持つボリュームでこのフォルダを使用します。

    例:VBR_IRCACHE="C:\ProgramData\Veeam\Backup\IRCache2\"

    VBR_CHECK_UPDATES

    0/1

    No

    Veeam Backup & Replication 新しい製品バージョンとアップデートを自動的にチェックするかどうかを指定しますなどの理由でデータベースが除外されることがあります。

    アップデートを確認しないようにするには、0を指定します。このパラメータを指定しなかった場合、Veeam Backup & Replicationは、アップデートを自動的に確認します(デフォルト値は1)。

    例:VBR_CHECK_UPDATES="0"

    VBR_AUTO_UPGRADE

    No/Yes

    No

    バックアップインフラストラクチャ内の既存のコンポーネントをVeeam Backup & Replicationで自動的にアップグレードするかどうかを指定します。Veeam Backup & Replicationは、バックアップサーバーでVeeam Backup Serviceを起動した後、自動アップグレードを実行します。

    自動アップグレードを有効にするには、1を指定します。

    例:VBR_AUTO_UPGRADE = "1"

    Veeam Backup & Replicationを次の構成でインストールする場合を想定します。

    • インストールログの場所:C:\logs\log1.txt
    • ユーザーによる操作なし
    • MSIファイルのパス:E:\Veeam\Server.x64.msi
    • インストールフォルダ:D:\Program Files\Veeam
    • ライセンスファイルの場所:C:\License\veeam_license.lic
    • サービスのユーザーアカウント:VEEAM\Administrator
    • サービスのユーザーアカウントのパスワード:1243
    • サービスポート:デフォルト
    • TLSポート:デフォルト
    • 構成データベースとデータベースの名前:デフォルト
    • インスタントリカバリのキャッシュフォルダへのパス:D:\IRCache

    そのような構成でVeeam Backup & Replicationをインストールするコマンドのパラメータは、次のようになります。

    msiexec.exe /L*v "C:\logs\log1.txt" /qn /i "E:\Veeam\Server.x64.msi" ACCEPT_EULA="1" ACCEPT_THIRDPARTY_LICENSES="1" INSTALLDIR="D:\Program Files\Veeam" VBR_LICENSE_FILE="C:\License\veeam_license.lic" VBR_SERVICE_USER="VEEAM\Administrator" VBR_SERVICE_PASSWORD="1234" VBR_IRCACHE="D:\IRCache"