フェイルバック

このページで

    フェイルバックは、フェイルオーバーを終了させる方法の1つです。フェイルバックを実行するときは、VMレプリカから本番VMに切り替え、災害復旧サイトから本番サイトにI/Oプロセスをシフトします。

    Veeam Backup & Replicationでは、フェイルバックの実行について以下のオプションが用意されています。

    • 元の場所にある元のVMにフェイルバックできます。
    • 新しい場所に既にリカバーされたVMにフェイルバックできます。このVMは、フェイルバックを実行する前にリカバーする必要があります。たとえば、バックアップからVMをリカバーできます。
    • レプリカから新しい場所または異なる設定で任意の場所にリカバーされたVMにフェイルバックできます。VMは、フェイルバックプロセスの間にレプリカからリカバーされます。

    最初の2つのオプションは、復旧時間を短縮してネットワークトラフィックの使用を低減するのに役立ちます。Veeam Backup & Replicationが、元のVMまたはリカバーされたVMとVMレプリカとの差分のみを転送すればよいからです。3つ目のオプションの場合、Veeam Backup & Replicationは、設定および仮想ディスクのコンテンツを含め、VMデータ全体を転送する必要があります。 元のVMを使用する方法やそれをバックアップからリストアする方法がない場合は、3つ目のオプションを使用します。

    Veeam Backup & Replicationは、フェイルバックを2段階で実行します。第1段階の間に、Veeam Backup & Replicationは、本番VM(元のVM、既にリカバーされたVM、またはレプリカからリカバーされるVM)の状態とそのレプリカの現在の状態を同期します。この段階には時間がかかる可能性があり、特に、VMが大きいと長くなります。第2段階の間に、Veeam Backup & Replicationは、すべてのプロセスをVMレプリカから本番VMに切り替え、レプリカをオフにします。また、第1段階の終了後にVMレプリカに対して行われた変更の内容を本番VMに送信します。

    Veeam Backup & Replicationは、フェイルバックを次の2段階で実行します。

    • 第1段階:Veeam Backup & Replicationは、本番VM(元のVM、既にリカバーされたVM、またはレプリカからリカバーされるVM)の状態とそのレプリカの現在の状態を同期します。この段階には時間がかかる可能性があり、特に、VMが大きいと長くなります。Veeam Backup & Replicationがフェイルバックの第1段階を実行している間は、VMレプリカがまだ稼動中であり、ユーザーはこれらのVMにアクセスし、通常通りに日常業務タスクを実行できます。
    • 第2段階Veeam Backup & Replicationは、すべてのプロセスをVMレプリカから本番VMに切り替え、レプリカをオフにします。また、第1段階の終了後にVMレプリカに対して行われた変更の内容を本番VMに送信します。

    第2段階が開始される時間は、レプリカから本番VMにどのように切り替えるかで異なります。本番VMに自動的に、スケジュールした時間に、または手動で切り替えることができます。自動切り替えを選択した場合、第2段階は、第1段階の終了直後に開始されます。スケジュールした時間または手動での切り替えを選択した場合、第2段階は、希望する時間に開始されます。

    元のVMまたは既にリカバーされたVMへのフェイルバックのプロセスは、レプリカからリカバーされたVMへのフェイルバックのプロセスとは異なります。

    元のVMまたは既にリカバーされたVMへのフェイルバックのしくみ

    元のVMまたは既にリカバーされたVMにフェイルバックするときは、第1段階の間にVeeam Backup & Replicationが以下の操作を実行します。

    1. 元のVMが実行中の場合、Veeam Backup & Replicationが元のVMの電源をオフにします。
    2. Veeam Backup & Replicationが、本番VMのディスクと[Failover]状態のVMレプリカのディスクとの差分を計算します。差分計算は、本番VMの状態をVMレプリカの状態と同期させるために本番VMにどのデータを転送する必要があるかをVeeam Backup & Replicationが把握するために役立ちます。

    元の場所にある元のVMにフェイルバックする場合に、[Quick rollback]オプションを有効にしてあると、このオプションを有効にしていない場合よりも高速に差分計算を実行できます。クイックロールバックの詳細については、「クイックロールバック」を参照してください。

    1. Veeam Backup & Replicationが、前のステップで検出したデータを本番VMに転送します。転送されたデータが本番VMに書き込まれます。
    2. Veeam Backup & Replicationが、VMレプリカの状態を[Failover]から[Ready to switch]に変更します。

    第2段階の間に、Veeam Backup & Replicationが以下の操作を実行します。

    1. VMレプリカのゲストOSをシャットダウンするか、VMレプリカの電源をオフにします。

    VMware ToolsがVMレプリカにインストールされている場合、Veeam Backup & ReplicationはレプリカのゲストOSをシャットダウンしようとします。15分経っても何も起こらない場合、Veeam Backup & ReplicationはVMレプリカの電源をオフにします。VMware ToolsがVMにインストールされていないか、VMが一時停止されている場合、Veeam Backup & ReplicationはVMの電源をオフにします。フェイルバックがコミットされるかフェイルバックが取り消されるまで、VMレプリカの電源はオフのままになります。

    1. Veeam Backup & Replicationが、本番VMのディスクとVMレプリカのディスクとの差分を計算します。差分計算は、Veeam Backup & ReplicationがVMレプリカが[Ready to switch]状態の間にどのデータが変更されたかを把握するために役立ちます。
    2. VMレプリカが[Ready to switch]状態の間に変更されたVMレプリカ上のデータを本番VMに送信します。
    3. VMレプリカの状態が[Ready to switch]から[Failback]に変更されます。
    4. [リカバーされたVMにフェイルバックする場合] Veeam Backup & Replicationが、Veeam Backup & Replication構成データベース内の元のVMのIDを更新します。元のVMのIDが、リカバーされたVMのIDに置き換えられます。
    5. フェイルバック後に本番VMの電源をオンにするように選択した場合は、Veeam Backup & Replicationがホスト上の本番VMの電源をオンにします。

    レプリカからリカバーされたVMへのフェイルバックのしくみ

    レプリカからリカバーされたVMにフェイルバックするときは、第1段階の間にVeeam Backup & Replicationが以下の操作を実行します。

    1. Veeam Backup & ReplicationがvCenter Serverに、ターゲットホスト上にVMレプリカと同じ設定で空のVMを作成するようリクエストします。 vCenter Serverが、作成した本番VMを登録します。
    2. Veeam Backup & Replicationが、VMレプリカのデータを本番VMに転送して、本番VMの状態をVMレプリカの状態に更新します。
    3. Veeam Backup & Replicationが、VMレプリカの状態を[Failover]から[Ready to switch]に変更します。

    第2段階の間に、Veeam Backup & Replicationが、「元のVMまたは既にリカバーされたVMへのフェイルバックのしくみ」の説明のステップ2以外と同じ操作を実行します。レプリカからリカバーされたVMにフェイルバックするときは、Veeam Backup & Replicationはディスク間の差分を計算しません。

    フェイルバックは、最終的な処理が必要となる中間のステップです。本番VMが想定通りに動作しており、それに戻す場合は、フェイルバックをコミットします。VMが想定通りに動作していない場合は、フェイルバックを取り消します。

    関連トピック