Veeam Backup & Replicationの無人モードでのインストール

このページで

    Veeam Backup & Replicationは、コマンド・ライン・インターフェースを使用して、無人モードでインストールできます。無人インストールモードには、ユーザーの操作は必要ありません。大規模導入でのインストール処理の自動化に使用できます。

    インストール順

    Veeam Backup & Replicationコンポーネントは、下に示す順序でインストールする必要があります。順序は、展開する予定のサーバーの種類により異なります(バックアップ・サーバーまたはVeeam Backup Enterprise Managerサーバー)。

    バックアップサーバー

    バックアップ・サーバー(Veeam Backup & Replicationを実行するサーバー)を展開する場合、次の順序でコンポーネントをインストールする必要があります。

    1. Veeam Backup Catalog
    2. Veeam Backup & Replicationサーバー
    3. Veeam Explorers:
    1. [任意] エージェント管理機能を使用する予定の場合は、次のコンポーネントをインストールします(管理OSによって異なります)。

    Veeam Agentの詳細については、「Veeam Agent管理ガイドをターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。

    Veeam Backup & Replicationコンソール

    Veeam Backup & Replicationコンソールを展開する場合、Veeam Backup & Replicationコンソールコンポーネントをインストールする必要があります。

    Veeam Backup Enterprise Managerサーバー

    Veeam Backup Enterprise Managerサーバー(Veeam Backup Enterprise Managerを実行するサーバー)を展開する場合、次の順序でコンポーネントをインストールする必要があります。

    1. Veeam Backup Catalog
    2. Veeam Backup Enterprise Manager

    Veeam Cloud Connectポータル

    Veeam Cloud Connectポータルを展開する場合、次の順序でコンポーネントをインストールする必要があります。

    1. Veeam Backup Enterprise Manager
    2. Veeam Cloud Connectポータル

    関連トピック