バックアッププロキシの無効化と削除

このページで

    バックアッププロキシを一時的に無効にしたり、バックアップインフラストラクチャから削除したりできます。

    バックアッププロキシの無効化

    バックアップ・プロキシを無効にすると、Veeam Backup & Replicationは、バックアップ・サーバー上で構成されているいかなるジョブに対しても、このバックアップ・プロキシを使用しません。バックアップ・プロキシの無効化は、ジョブのバックアップ・プロキシをVeeam Backup & Replicationが自動的に選択するように、ただし、Veeam Backup & Replicationが特定のバックアップ・プロキシを使用しないように指示する場合に役立ちます。

    バックアップサーバーにインストールされたデフォルトバックアッププロキシを含む、すべてのバックアッププロキシを無効にできます。すべてのバックアッププロキシを同時に無効にしないでください。その場合、Veeam Backup & Replicationは、バックアップ、レプリケーションおよびバックアップ・プロキシを使用する復元操作を実行できません。

    バックアッププロキシを無効にするには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Backup Proxies]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、該当するバックアッププロキシを選択して、リボンの[Disable Proxy]をクリックするか、バックアッププロキシを右クリックして、[Disable proxy]を選択します。

    無効にしたバックアッププロキシをいつでも有効にできます。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Backup Proxies]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、該当するバックアッププロキシを選択して、リボンの[Disable Proxy]をもう一度クリックするか、バックアッププロキシを右クリックして、[Disable proxy]を選択します。

    バックアッププロキシの削除

    バックアップインフラストラクチャからバックアッププロキシを永続的に削除できます。バックアップ・プロキシを削除するときに、Veeam Backup & Replicationは、サーバーからバックアップ・プロキシのロールを割り当て解除するため、このサーバーは、バックアップ・プロキシとして使用されなくなります。実際のサーバーは、バックアップインフラストラクチャに残ります。

    バックアップサーバーにインストールされたデフォルトバックアッププロキシを含む、すべてのバックアッププロキシを削除できます。すべてのバックアッププロキシを同時に削除しないでください。その場合、Veeam Backup & Replicationは、バックアップ、レプリケーションおよびバックアップ・プロキシを使用する復元操作を実行できません。

    いずれかのバックアップ、レプリケーションまたはVMコピージョブで、明示的に選択されているバックアッププロキシは、削除できません。そのようなバックアッププロキシを削除するには、先にジョブ設定で、このバックアッププロキシへの参照を削除する必要があります。

    バックアッププロキシを削除するには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Backup Proxies]ノードを選択します。
    3. 作業領域で、該当するバックアッププロキシを選択して、リボンの[Remove Proxy]をクリックするか、バックアッププロキシを右クリックして、[Remove]を選択します。

    クリックして拡大