設定情報バックアップ

このページで

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは構成情報のバックアップを毎日作成するように構成されます。このスケジュールを変更したり、手動でバックアップを実行したりすることができます。

    次のトピックを参照してください。

    設定情報バックアップファイル

    構成情報のバックアップを実行する場合、Veeam Backup & Replicationは構成情報データベースからバックアップ・サーバーのデータを取得し、このデータを一連のXMLファイルに書き込んで、これらのXMLファイルをBCO形式のバックアップにアーカイブします。

    Veeam Backup & Replicationは、次のオブジェクトに関する情報をエクスポートします。

    • バックアップインフラストラクチャのコンポーネントとオブジェクト:ホスト、サーバー、バックアッププロキシ、リポジトリ、WANアクセラレータ、ジョブ、バックアップサーバー上に構成されたグローバル設定など。
    • バックアップ:バックアップサーバー上に作成されたバックアップ、レプリカ、およびバックアップのコピー。
    • セッション:バックアップサーバー上で実行されたジョブセッション。
    • テープバックアップサーバーに接続されたテープライブラリ。

    カスタム設定レジストリキーを使用する場合、これらには設定情報のバックアップは適用されないことに注意してください。これらは手動でバックアップすることを推奨します。

    設定情報バックアップはジョブに基づいています。定期的に実行するようにスケジュールすることも、手動で開始することもできます。設定情報バックアップを保存するバックアップリポジトリを選択して、必要な保持設定を指定できます。

    設定情報バックアップジョブでは、構成データベースのスナップショットを作成し、そこから正常なリストアに必要なデータを取得します。データベースのサイズが大きい場合は、ジョブによってMicrosoft SQL Serverに大きな負荷がかかる可能性があります。バックアップサーバー上で運用の負荷が低い時間帯に、設定情報のバックアップジョブをスケジュールするようにしてください。

    バックアップリポジトリターゲット

    作成された設定情報バックアップファイルは、デフォルトのバックアップリポジトリの\VeeamConfigBackup\%BackupServer%フォルダに格納されます。ただし、セキュリティのため、デフォルトのバックアップリポジトリまたはバックアップサーバー上の他のフォルダに設定情報バックアップを格納しないことをお勧めします。格納しなければ、バックアップサーバーに障害が発生してもその設定情報データが残るため、障害が発生したバックアップサーバーをリカバーできます。

    新しいバックアップ・リポジトリを構成する場合、Veeam Backup & Replicationにより、構成情報のバックアップ・ファイルの場所をデフォルトのバックアップ・リポジトリから新しいバックアップ・リポジトリに変更するように提案されます。[Yes]をクリックすると、Veeam Backup & Replicationによって自動的に、設定情報のバックアップジョブ設定内のバックアップターゲットが変更されて、以降はこのターゲットが使用されます。

    ターゲットの変更前に作成された設定情報のバックアップは、デフォルトのバックアップリポジトリに残ります。これを新しいバックアップリポジトリに手動でコピーし、設定情報バックアップのすべてのリストアポイントを1か所に配置することができます。

    重要

    設定情報のバックアップをスケールアウトバックアップリポジトリに格納することはできません。