開始する前に

このページで

    バックアップリポジトリを構成する前に、次の前提条件をチェックします。

    Dell EMC Data Domain

    • Dell EMC Data Domainは、ソフトウェアやハードウェアの要件を満たす必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • DD BoostライセンスがDell EMC Data Domainシステムにインストールされている必要があります。DD Boostは有効かつ構成済みである必要があります。
    • Dell EMC Data Domainで作業に使用する予定のゲートウェイサーバーが、バックアップインフラストラクチャに追加されている必要があります。

    Dell EMC Data Domainストレージシステムがこれらの要件を満たさない場合は、SMB(CIFS)フォルダとして追加できます。この場合、Veeam Backup & Replicationは、DD Boostテクノロジーを使用せずにDell EMC Data Domainで作業します。詳細については、「Dell EMC Data Domain」を参照してください。

    ExaGrid

    • ExaGridはソフトウェアやハードウェアの要件を満たす必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • ExaGridをバックアップリポジトリとして使用するには、ExaGrid ManagerでExaGrid共有を適切に構成する必要があります。詳細については、ExaGridのドキュメントを参照してください。
    • ExaGridサーバーをVeeamバックアップインフラストラクチャに追加し、Active Directoryアカウントユーザー名にUPNフォーマットを使用する場合(例:john.doe@domain.local)、ユーザー名は小文字のみで入力してください。

    HPE StoreOnce

    • HPE StoreOnceはソフトウェアやハードウェアの要件を満たす必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • HPE StoreOnce Catalystライセンスが、HPE StoreOnceシステムにインストールされている必要があります。
    • Catalystストアをバックアップターゲットとして使用する必要があります。
    • HPE StoreOnceシステムで作業に使用する予定のゲートウェイサーバーが、バックアップインフラストラクチャに追加されている必要があります。
    • HPE StoreOnceに接続するために使用する予定のクライアントアカウントは、バックアップデータが保持されるCatalystストア上のアクセス権限を持っている必要があります。

    HPE StoreOnceストレージシステムがこれらの要件を満たさない場合は、共有フォルダとして追加できます。この場合、Veeam Backup & Replicationはターゲット側の重複排除を実行します。詳細については、「HPE StoreOnce」を参照してください。

    Quantum DXi

    • Quantum DXiはソフトウェアやハードウェアの要件を満たす必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • Quantum DXiをバックアップリポジトリとして使用するには、Quantum DXi共有を適切に構成する必要があります。詳細については、Quantum DXiのドキュメントを参照してください。

    ストレージアプライアンス

    • バックアップデータがテープにオフロードされ、ファイラ/ブロックデバイス(テープ層による階層型ストレージ管理)に直接保存されなくなった場合、ファイラモード(CIFS/NFS)またはブロックデバイスモード(iSCSI/FC/SAS)でバックアップデータを保存するために使用されるストレージアプライアンスはサポートされません。

    データをテープにオフロードするには、次の点を確認します。

    • バックアップデータがすべてまとめてアプライアンスに保存され(つまり、バックアップチェーンが複数のデバイスに分散するのではなく、全体がまとめてアプライアンスに保存され)、コピーだけがテープに保存されること。
    • これらのアプライアンスが、テープシステム(VTL)を、Veeam Backup & Replicationのアクセスプロトコルとしてエミュレートしていること。

    開始する前に 注:

    オブジェクトストレージの前提条件については、「考慮事項と制限事項」セクションを参照してください。