Snapshot Hunterのしくみ

このページで

    VMの一時スナップショットは、バックアップジョブセッションまたはレプリケーションジョブセッション時に毎回作成されてから削除されます。Veeam Backup & Replicationでは、スナップショットを削除するために、次の2つのステップを含むVMwareスナップショットの統合メカニズムが作動します。

    1. VMware vSphereがVMスナップショットのリストからスナップショットを削除します。
    2. VMware vSphereはVMディスクを使用してデルタファイルに書き込まれたデータを統合します。

    スナップショットは正常に削除されたものの統合に失敗した場合には、問題が発生します。たとえば、VMware vSphereがスナップショットファイルを統合しようとしたときにファイルがロックされている場合には、問題が発生することがあります。この場合、ファイルはデータストア上に保持されたままです。

    Snapshot Hunterは、各ジョブセッション内でスケジュールされた個別のプロセスとして起動します。ファントムスナップショットが検出されてもジョブには影響しません。ファントムスナップショットが検出されると、Veeam Backup Serviceによってスナップショットの統合がスケジューリングされるため、ジョブは通常通り実行されます。

    Veeam Backup & Replicationはデータストアをチェックして、孤立したスナップショット・ファイルを検出します。VMディスクを使用してこれらのファイルを統合するために、Veeam Backup & Replicationは統合アルゴリズムを呼び出します。このアルゴリズムは次の3つのステップによって構成され、それぞれがVMwareのメソッドを表します。

    1. VMware Consolidateによる統合方法

    1つ目の試みとして、Veeam Backup & ReplicationはVMware Snapshot Consolidateメソッドを呼び出します。この方法は、統合が必要なステータスのVMに対してVMware vSphereが使用するのと同じメカニズムです。

    1. 静止なしのハード統合

    1つ目の試みが失敗した場合、Veeam Backup & Replicationは新しいスナップショットを作成して、VMwareのDelete all snapshotsメソッドを呼び出します。これにより、すべてのVMスナップショットおよび関連ファイルが削除されます。VMを休止させることなくスナップショットが作成されます。

    1. 静止ありのハード統合

    スナップショットの削除にまだ失敗する場合、Veeam Backup & Replicationでは、休止中のスナップショットを作成してからすべてのVMスナップショットを削除する、別のVMwareメソッドが示されます。

    Snapshot Hunterのしくみ 注:

    静止なしのハード統合および静止ありのハード統合が実行されるのは、VMにユーザーのスナップショットが1つもない場合に限ります。ユーザーのスナップショットが1つ以上ある場合、上記の手順は実行されません。

    3つのステップからなる統合手順は、4時間ごとに最大4回まで実行されます。

    4回の試みがすべて失敗した場合、Veeam Backup & Replicationは、ユーザーが問題を手動でトラブルシュートする必要があることをお知らせする通知を電子メールで送信します。グローバルメール通知オプションを有効にする必要があることに注意してください。詳細については、「メール通知設定の指定」を参照してください。

    Snapshot Hunterでは、ジョブに設定されたバックアップウィンドウが考慮されます。いずれかの試みがバックアップ・ウィンドウに収まらない場合、Veeam Backup & Replicationは統合を実行せずに、電子メールで通知を送信します。

    Snapshot Hunterセッションの情報を表示するには、Veeam Backup & Replicationコンソールで、[History]ビューを開き、インベントリペインで[System]を選択します。

    いずれの統合の試みもバックアップウィンドウに適合しない場合は、ジョブの統計に警告が表示されます。