ストレージ設定

このページで

    ターゲットバックアップリポジトリに格納されているバックアップファイルに対して圧縮、重複排除、および暗号化の設定を指定するには、以下を実行します。

    1. ウィザードの[Target]のステップで、[Advanced]をクリックします。
    2. [Storage]タブをクリックします。
    3. [Data reduction]セクションで、データの圧縮と重複排除の設定を指定します。
    • デフォルトでは、コピーしたデータをターゲットバックアップリポジトリに保存する前に、Veeam Backup & Replicationが重複排除を実行します。データの重複排除を無効にする場合は、[Enable inline data deduplication]チェックボックスをオフにします。

    重複排除の詳細については、「重複排除」を参照してください。

    • [Compression level]リストで、圧縮レベルを選択します。

    圧縮レベルの詳細については、「データ圧縮」を参照してください。

    1. [Encryption]セクションで、暗号化設定を指定します。
    • バックアップコピーのジョブで作成されたバックアップファイルを暗号化するには、[Enable backup file encryption]チェックボックスを選択します。
    • [Password]フィールドで、バックアップファイルの暗号化に使用するパスワードを選択します。事前にパスワードを作成していない場合は、[Add]をクリックするか[Manage passwords]リンクを使用して新しいパスワードを指定します。詳細については、「データ暗号化のパスワードの管理」を参照してください。

    暗号化設定を指定するときには、以下を考慮してください。

    • 既存のバックアップコピーのジョブで暗号化を有効にすると、Veeam Backup & Replicationでは(手動で作成するか、GFSスケジュールに従った)次のアクティブフルバックアップから開始する新しい設定のみを適用します。バックアップチェーン内のアクティブフルバックアップファイルと以降の増分バックアップファイルは、指定のパスワードを使用して暗号化されます。

    バックアップコピーのジョブで[Read the entire restore point from source backup instead of synthesizing it from increments]オプションを無効にすると、アクティブフルバックアップではなく合成フルバックアップが作成されることに注意してください。詳細については、「バックアップコピーターゲットの定義」を参照してください。

    • 暗号化は遡及的ではありません。既存のジョブの暗号化を有効にした場合、Veeam Backup & Replicationでは、このジョブで作成された以前のバックアップチェーンは暗号化されません。暗号化されていない以前のチェーンを暗号化された新しいチェーンから分離できるように、新しいチェーンを開始するには、次のシナリオに従います:このVeeamナレッジベースの記事

    ストレージ設定