ブロックジェネレーション

このページで

    キャパシティ層のイミュータビリティを構成するときには、自動的に、さらに10日(デフォルト)の期間がイミュータビリティ有効期限に追加されるということを覚えておいてください。この期間は、ブロックジェネレーションと呼ばれています。たとえば、イミュータビリティ期間を30日間に設定した場合は、10日間が追加され、合計のイミュータビリティ期間は最長40日間になります。

    ブロックジェネレーションのしくみは次のようになっています。最初のデータブロック(フルバックアップ)が到着すると、そのイミュータビリティ期間は30 + 10 = 40日間に設定されます。最初のフルバックアップでそのジェネレーションが開始します。それは、増分バックアップに付加されることになります。そのジェネレーション内(つまり、10日の期間内)のすべての増分バックアップのイミュータビリティ有効期限は、フルバックアップと同じになります。たとえば、9日目にオフロードされたデータブロックのイミュータビリティ有効期限は、1日目にオフロードされたデータブロックと同じになります。そのため、ジェネレーション内のすべてのデータブロックのイミュータビリティ期間は、30日未満にはなりません。

    次の例について考えてみましょう。1つの増分バックアップチェーン内で、フルバックアップファイルを増分バックアップファイルの前に削除することはできません。その一方で、増分バックアップファイルは、関連するフルバックアップファイルがないと意味がありません。そのため、バックアップチェーン内のすべてのデータブロックについて、イミュータビリティ期間が延長されます。

    ブロックジェネレーション期間は、キャパシティ層へのリクエストの数を減らすことで、トラフィックを節約し、ストレージプロバイダーによって科される可能性があるコストを減らすために導入されました。10日間のイミュータビリティが自動的に追加されることで、その10日以内にオフロードされた、前方向チェーン内の増分バックアップ、および逆方向チェーン内の最新フルバックアップの未変更ブロックについて、イミュータビリティ期間を延長する必要がないことになります。ただし、11日目には、イミュータビリティ期間を延長する必要があります(ジェネレーション内のすべてのデータブロックのイミュータビリティ期間が30日未満にならないようにするため)。

    書き換え不能データブロックは、オフロードの間に再使用される可能性があります。Veeam Backup & Replicationでは、それらを新しいジェネレーションに割り当て続けて、それによってそれらのイミュータビリティ有効期限を延長することで、継続的に、再使用できる状態、および従属データブロックがロックされた状態を保ちます。 これは、増分バックアップチェーンと逆増分バックアップチェーンの両方で有効です。

    イミュータビリティの延長のしくみは、状況に応じて次のように異なります。

    増分バックアップチェーン

    • 新しいジェネレーション内の新しいフルバックアップファイル:
    • 古いバックアップチェーンから再使用されているデータブロックについては、イミュータビリティが延長されます。
    • 新しいフルバックアップファイルの新しいブロックについては、イミュータビリティが新たに設定されます。
    • 新しいジェネレーション内の新しい増分バックアップファイル:
    • 最新のバックアップチェーン内のすべてのデータブロックについて、イミュータビリティが延長されます。
    • 最新の増分バックアップファイルの新しいブロックについては、イミュータビリティが新たに設定されます。

    逆増分バックアップチェーン

    • 新しいジェネレーション内の新しいフルバックアップファイル:
    • 以前のフルバックアップファイルから再使用されているデータブロックについては、イミュータビリティが延長されます。
    • 新しいフルバックアップファイルの新しいブロックについては、イミュータビリティが新たに設定されます。
    • 新しいジェネレーション内の最新のフルバックアップファイル:
    • キャパシティ層に既に保存されているこのフルバックアップファイルのすべてのデータブロックについて、イミュータビリティが延長されます。
    • このフルバックアップファイルの新しいブロックについては、イミュータビリティが新たに設定されます。

    関連トピック