On-Demand Sandboxの構成

このページで

    On-Demand Sandboxを構成するには、次の手順を実行します。

    1. VMを起動する予定の仮想ラボを構成します。詳細については、「仮想ラボの作成をターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。
    2. アプリケーショングループを構成します。アプリケーショングループは、On-Demand Sandboxで起動する予定のすべてのVM、およびそのVMが依存するすべてのVMを含んでいる必要があります。詳細については、「アプリケーショングループの作成をターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。
    3. SureBackupジョブを構成するには、次の手順を実行します。
    1. New SureBackup Jobウィザードを起動します。
    2. ウィザードの[Virtual Lab]ステップで、構成された仮想ラボを選択します。
    3. ウィザードの[Application Group]ステップで、構成されたアプリケーショングループを選択します。
    4. [Keep the application group running after the job completes]チェックボックスを選択します。
    5. 他のジョブ設定を必要に応じて構成し、ジョブ設定を保存します。

    On-Demand Sandboxの構成 

    On-Demand SandboxでVMを起動するには、SureBackupジョブを実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    1. インベントリペインで、[SureBackup]を選択します。
    2. 作業領域で、構成したSureBackupジョブを右クリックして、[Start]または[Start to]を選択します。

    Veeam Backup & Replicationが仮想ラボを起動し、仮想ラボ内のアプリケーション・グループからVMの電源を入れます。VMに接続して、テストを実行できるようになります。

    On-Demand Sandboxの構成