構成からのレプリカの削除

このページで

    構成からレプリカを削除すると、Veeam Backup & Replicationにより、レプリカに関するレコードが構成データベースから削除され、Veeam Backup & Replicationコンソールにレプリカが表示されなくなり、現在の状態と元のVMの状態が同期されなくなります。ただし、実際のレプリカがホスト上に残っているため、VMware vSphereクライアントでレプリカを手動で起動できます。

    次の点にご注意ください。

    • Ready状態のレプリカについてのみレコードを削除できます。
    • スタンドアロンオブジェクトとしてレプリケートされるVMを構成から削除すると、Veeam Backup & Replicationにより、このVMが最初のレプリケーションジョブから削除されます。VMコンテナの一部としてレプリケートされるVMを構成から削除すると、Veeam Backup & Replicationにより、このVMがCDPポリシー内の除外リストに追加されます。

    Veeam Backup & Replicationコンソールおよび構成データベースからVMレプリカに関するレコードを削除するには、次の手順を実行します

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Replicas]ノードをクリックします。
    3. 作業領域で、対象のレプリカを選択して、リボンの[Remove from] > [Configuration]をクリックします。代替手段として、対象のレプリカを右クリックして[Remove from configuration]を選択することもできます。

    構成からのレプリカの削除