VMゲストOSファイルの除外

このページで

    VMゲストOS Windows上の任意のファイルおよびフォルダをレプリケートしないように、VMレプリカから除外できます。

    除外するファイルおよびフォルダを指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Guest Processing]ステップで、[Enable application-aware processing]チェックボックスを選択します。
    2. [Applications]をクリックします。
    3. 表示されるリストでVMを選択し[Edit]をクリックします。

    VMコンテナの一部として追加されているVMにカスタム設定を定義する場合は、スタンドアロンのオブジェクトとしてそのVMをリストに追加する必要があります。それには、[Add]をクリックして、設定をカスタマイズするVMを選択します。続いてリストからVMを選択して必要な設定を定義します。

    1. [Exclusions]タブをクリックし、VMレプリカから除外する必要があるファイルを指定します。
    • [Exclude the following files and folders]を選択すると、VMレプリカから個別のファイルおよびフォルダを削除できます。
    • [Include only the following files and folders]を選択すると、指定したファイルおよびフォルダだけがVMレプリカに残ります。
    1. [Add]をクリックして、包含または除外するファイルおよびフォルダを指定します。ファイルのフルパス、環境変数およびアスタリスク(*)および疑問符(?)を使用したファイルマスクを使用して、除外または包含リストを作成できます。詳細については、「VMゲストOSファイル」を参照してください。
    2. [OK]をクリックします。
    3. 除外または包含するすべてのオブジェクトに対して、ステップ5~6を繰り返します。

    VMゲストOSファイルの除外