設定情報のバックアップの手動での実行

このページで

    たとえば、特定の時点の構成データベースの状態をキャプチャする場合は、必要に応じて設定情報のバックアップを手動で作成できます。

    重要

    別のバックアップサーバーで使用されているデータベースに設定データを移行することを計画している場合は、実行中のジョブをすべて停止し、スケジュールされたジョブを無効にしてから、設定情報のバックアップを作成します。順序を逆にすると、設定情報のリストア後にジョブセッションが失敗する可能性があります。詳細については、「構成データベースの移行」を参照してください。

    設定情報のバックアップを手動で作成するには、次の手順を実行します。

    1. メインメニューで、[Configuration Backup]を選択します。
    2. [Enable configuration backup to the following repository]チェックボックスが選択されていることを確認します。
    3. [Backup repository]リストから、設定情報のバックアップを保存する必要があるバックアップリポジトリを選択します。
    4. [Restore points to keep]フィールドで、バックアップリポジトリに保持するリストアポイントの数を指定します。
    5. 暗号化されたバックアップを作成するには、[Enable backup file encryption]チェックボックスを選択します。[Password]フィールドで、暗号化に使用するパスワードを選択します。事前にパスワードを作成していない場合は、[Add]をクリックするか[Manage passwords]リンクを使用して新しいパスワードを指定します。詳細については、「暗号化された設定情報のバックアップの作成」を参照してください。
    6. [Backup now]をクリックします。

    Veeam Backup & Replicationは、構成データベースをバックアップし、選択したバックアップリポジトリに新しいリストアポイントを保存します。

    設定情報のバックアップの手動での実行