vCloud Directorレプリケーション

このページで

    vCloud Directorレプリケーションは、本番環境と災害復旧vCD環境間や、元の組織vDC、または別のvCloud Directorに追加された別の組織vDCにVMコンテナをレプリケートできるようにするテクノロジーです。vCloud Directorレプリケーションを使用すると、次のVMコンテナをレプリケートできます。

    • vApp
    • vCloud組織
    • vCloud組織vDC
    • vCloud Directorインスタンス

    vCloud Directorレプリケーションテクノロジーは、VMレプリカ と同じメカニズムを利用し、同じ復元シナリオに従います。VMレプリカとの主な違いは次の通りです。

    • vCDレプリカのターゲットは組織vDCであり、vCloud Directorインフラストラクチャで事前に設定する必要があります。
    • vCDレプリケーションの最小単位はvAppであり、vAppに追加された単一のVMをレプリケートすることはできません。
    • vCDレプリカのスナップショットは、ターゲットvApp上に作成されます。
    • vCDレプリカの単一のリストアポイントには、vAppに追加されたすべてのVMのスナップショットが含まれています。
    • Veeam Backup & Replicationは、vCDレプリケーションジョブの実行時に、レプリケートされたVMに新しいCLOUD.UUIDを割り当てます。

    vCloud Directorレプリケーションテクノロジーは、通常のVMレプリケーションと同じ機能をサポートしています。つまり、vCDレプリケーションジョブを作成し、バックアップされたVMコンテナを使用してフェイルオーバー操作とフェイルバック操作を実行し、レプリケートされたVMコンテナを管理することができます。

    関連トピック