フェイルバックのコミット

このページで

    フェイルバックのコミット操作により、VMレプリカから元のVMへのフェイルバックを完了させます。

    フェイルバックをコミットするには、次のいずれかを実行します。

    • [Home]ビューを開き、インベントリペインで[Replicas]を選択します。作業領域で、必要なレプリカを選択してリボンの[Commit Failback]をクリックします。表示されたウィンドウで[Yes]をクリックして操作を確定します。
    • [Home]ビューを開き、インベントリペインで[Replicas]を選択します。作業領域で、必要なレプリカを右クリックして[Commit Failback]を選択します。表示されたウィンドウで[Yes]をクリックして操作を確定します。

    VMのフェールバック先となる場所に応じて、フェールバックがコミットされるとVeeam Backup & Replicationが次の完了操作を実行します。

    • VMレプリカを新しい場所にフェールバックする場合、Veeam Backup & Replicationはレプリケーション・ジョブを追加で再構成し、元のVMを除外リストに追加します。新しい場所にリストアするVMが元のVMのロールを引き継いで、除外されたVMの代わりにレプリケーションジョブに追加されます。レプリケーション・ジョブが開始されると、Veeam Backup & Replicationは元のVMを処理から除外し、新たに復元するVMを代わりにレプリケートします。
    • VMレプリカを元の場所にフェイルバックする場合、レプリケーションジョブは再構成されません。レプリケーションジョブが開始されると、Veeam Backup & Replicationは元のVMを通常モードで処理します。

    クリックして拡大