バックアップコピーアーキテクチャ

このページで

    データをソースバックアップリポジトリからターゲットバックアップリポジトリに転送するには、バックアップコピージョブで次のパスのいずれかを使用します。

    ダイレクト転送パス

    Veeam Backup & Replicationでデータをソース・バックアップ・リポジトリからターゲット・バックアップ・リポジトリに直接転送します。このタイプのデータ転送は、オンサイトバックアップリポジトリまたはオフサイトバックアップリポジトリへ、高速の接続を介してバックアップをコピーする場合にお勧めします。

    Veeam Backup & Replicationでは、直接のデータパスを介してデータを転送する場合、以下のバックアップインフラストラクチャコンポーネント上でVeeamデータムーバーを使用します。

    バックアップコピーアーキテクチャ 

    ゲートウェイ・サーバーを明示的に定義している場合、Veeam Backup & Replicationでは、ソース・サイトのゲートウェイ・サーバー上のソースVeeam Data Moverおよびターゲット・サイトのゲートウェイ・サーバー上のターゲットVeeam Data Moverを使用します。

    バックアップコピーアーキテクチャ 

    WANアクセラレータを介する転送パス

    Veeam Backup & Replicationでは、1対のWANアクセラレータを介してデータを転送します。1つはソース側に導入され、もう1つはターゲット側に導入されています。WANアクセラレータがデータを転送する前に冗長ブロックを削除するので、ネットワーク上のトラフィックの量が大幅に削減されます。このタイプのデータ転送は、低速の接続またはWANを介してオフサイトでバックアップをコピーする場合にお勧めします。

    重要

    WANアクセラレーション技術はVeeam Universal Licenseに含まれています。従来のソケットベースライセンスを使用する場合は、Enterprise Plus Editionが必要です。詳細については、「WANアクセラレーション」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationでは、WANアクセラレータを介してデータを転送するときには、以下のバックアップインフラストラクチャコンポーネント上でVeeamデータムーバーを使用します。

    バックアップコピーアーキテクチャ