アップデート通知

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、ユーザー・エクスペリエンスを向上させるために、インストールが必要または可能なアップデートについて、自動的に通知されます。アップデートの通知により、古くなったコンポーネントがバックアップインフラストラクチャで使用されたり、重要なアップデートが行われずにデータ保護タスクと災害復旧タスクに悪影響が及んだりするリスクがなくなります。

    Veeam Backup & Replicationは、製品のアップデート、つまり新しいパッチと製品バージョンについて通知します。

    アップデートの通知は、デフォルトで有効になっています。利用可能なアップデートについての通知が不要な場合は、この設定を無効にすることができます。詳細については、「その他の通知設定の指定」を参照してください。

    ただし、重要なアップデートやパッチを見逃すことのないよう、アップデートの通知を有効にしておくことをお勧めします。

    アップデート通知 

    アップデート通知のしくみ

    Veeam Backup & Replicationでは、アップデートの確認に、Veeamアップデート通知サーバー(dev.veeam.com)上の特定のXMLファイルを使用します。このXMLファイルには、最新の製品バージョンやパッチに関する情報が格納されています。

    Veeam Backup & Replicationは、1週間に1回、Veeamアップデート通知サーバーからXMLファイルをダウンロードします。また、インストールされた製品。収集した情報はダウンロードしたファイル内の情報と比較されて、新しい製品バージョン、パッチ、およびアップデートが利用可能な場合は、Veeam Backup & Replicationによってユーザーに通知されます。

    アップデート通知 注:

    バックアップ・サーバーがインターネットに接続し、Veeam Backup & Replicationのオプションで、アップデートの通知が有効になっていることを確認してください。そうでない場合、アップデートの通知は機能しません。

    関連トピック

    アップデートのインストール