キャパシティエクステントの構造

このページで

    キャパシティエクステントへのデータ転送時に、Veeam Backup & Replicationによって以下のディレクトリ構造が作成および維持されます。

    キャパシティエクステントの構造 

    ディレクトリ

    説明

    備考

    <bucket_name>または<container_name>

    バケットまたはコンテナの名前。

    バケットとコンテナはあらかじめ作成する必要があります。

    なし

    Veeam / Archive /

    Veeam Backup & Replicationによって作成される標準フォルダ

    <リポジトリフォルダ名>

    新しいキャパシティエクステントを追加するときに作成するリポジトリフォルダ。

    <バックアップID>

    バックアップのオブジェクトが含まれます。

    これらのフォルダは、データの削除中に自動的に削除されます。

    <バックアップID内のオブジェクト>

    バックアップのオブジェクトの識別子。

    • バックアップがマシン単位の方法で作成された場合、各VMはそれ固有のディレクトリに配置されます。
    • バックアップが単一ストレージとして作成された場合は、すべてのVMが一意のディレクトリに配置されます。

    objs

    メタ情報とその他の補助データが含まれています。

    storages

    メタデータを含むオフロードされたバックアップファイルの複製バージョンが含まれます。これはソースエクステントにも残ります。

    blocks

    オフロードセッションで作成された、オフロードされたデータブロックが含まれます。「データ転送」を参照してください。

    最大データブロックサイズは、ストレージ最適化設定で構成されます

    チェックポイント

    オフロードされたバックアップチェーンの状態に関するメタ情報が含まれます。このようなメタ情報は、オフロードセッションが成功するたびに更新されます。

    暗号化

    暗号化されたバックアップの使用に必要な情報が含まれます。

    なし

    関連トピック