ステップ 5:ターゲットデータストアの選択

このページで

    このステップは、ワークロードを新しい場所に、または異なる設定で復元する場合に利用できます。

    ウィザードの[Datastore]ステップで、VMの設定ファイルとディスクを保存するフォルダへのパスを指定します。

    1. [Files location]リストで必要なワークロードを選択し、 [Path]をクリックします。または、リストでワークロードを展開して、個々のファイルを選択することもできます。設定ファイルとディスクファイルを別の場所に配置する場合は、この方法を使用します。
    2. [Select Folder ]ウィンドウで、次のいずれかを実行します。
    • VMファイルを保存する既存のフォルダを選択します。
    • ウィンドウの下部にある[New Folder]をクリックして、新しいフォルダを作成します。
    • [Select Folder]ウィンドウ下部の検索フィールドに、Microsoft SMB3共有フォルダのパスを入力します。パスはUNC形式で指定する必要があります。たとえば、\\172.16.11.38\Share01などです。

    重要

    VMを登録するホストやクラスターは、指定したSMB3共有フォルダにアクセスできる必要があります。SCVMM 2012以降を使用している場合は、Microsoft SMB3共有フォルダをホストするサーバーをストレージデバイスとしてSCVMMに登録する必要があります。詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。

    ステップ6:ターゲットデータストアの選択