Veeamデータムーバーサービス

このページで

    Veeamデータムーバーは、Veeam Backup & Replicationに代わってデータ処理タスクを実行するコンポーネントです。たとえば、ソースVMデータの取得、データの重複排除と圧縮の実行、およびターゲットストレージへのバックアップデータの保存などを行います。

    Microsoft Windowsサーバーの場合、Veeam Data Moverは永続的です。つまり、VeeamDataMoverはサーバーに一度だけアップロードおよびインストールされます。 Veeam Backup & Replicationは、バックアップインフラストラクチャにMicrosoft Windowsサーバーを追加すると、 VeeamDataMoverを自動的にインストールします。

    Linuxサーバーの場合、VeeamDataMoverは永続的または非永続的です。Veeam Backup & Replicationがサーバーをアドレス指定するたびに、非永続的なVeeamDataMoverがアップロードおよび削除されます。

    Veeam Data Moverを永続化するには、Linuxサーバーを追加するときにrootまたはroot権限と同等のアカウントを指定する必要がありますCDPには、次のバックアップインフラストラクチャコンポーネントが必要です。

    Linuxサーバーに基づく他のバックアップインフラストラクチャコンポーネントの場合、VeeamDataMoversは永続的または非永続的です。rootまたはroot権限と同等の権限を提供しない場合は、root以外の権限を持つアカウントを指定してください。この場合、VeeamDataMoversは非永続的になります。 Veeam Backup & Replicationがサーバーをアドレス指定すると、Veeam Backup & ReplicationはSSH接続を介してVeeamDataMoverをアップロードして起動します。

    Veeam Backup & Replicationバージョン11aでは、バックアッププロキシの役割が割り当てられているLinuxサーバーに永続的なVeeamDataMoverが必要です。Veeam Backup & Replicationバージョン11aにアップグレードすると、Veeam Backup & ReplicationはすべてのLinuxバックアッププロキシを自動的に更新し、それらにVeeamDataMoversをインストールします。 Veeam Backup & Replicationは、他の役割を持つLinuxサーバーを自動的に更新しません。このようなサーバーにVeeamDataMoversをインストールする場合は、必要なサーバーのLinuxサーバーの編集ウィザード開き、 [完了]をクリックします

     

    Veeamデータムーバーサービスの要件および制限

    Veeam Data Moversを使用する前に、LinuxおよびMicrosoftWindowsサーバーに関する次の要件と制限を考慮してください。

    • Linuxホストのバージョンは64ビットである必要があります。 詳細については、「システム 要件」を参照してください。Perlは、非永続的なVeeamDataMoverにのみ必要であることに注意してください。必要なPerlモジュールの一覧は、このVeeamナレッジベースの記事で確認してください。
    • Veeam Backup & Replicationは、重複排除ストレージアプライアンスにVeeamデータムーバーサービスを導入しません。
    • Veeam Backup & ReplicationでVeeamデータムーバーサービスをインストールする場合は、サーバーに指定されたユーザーアカウントに、root権限またはrootに昇格する権限が必要です。そうしないと、Veeam Data Moversは永続的ではなくなります。つまり、LinuxサーバーはVeeamDataMoversを永続的にホストしません。
    • 1回限定のログイン情報を使用してLinuxホストを追加する場合でも、Veeamデータムーバーサービスをインストールするには、ユーザーアカウントにroot権限またはrootに昇格する権限が必要です。
    • Microsoft Hyper-VサーバーおよびMicrosoft Windowsサーバーの場合:ファイルおよびプリンタの共有を、追加されたサーバーのネットワーク接続設定で有効にする必要があります。