暗号化されたバックアップのインポート

このページで

    このバックアップサーバーまたは別のバックアップサーバー上で暗号化されたバックアップをインポートすることができます。

    暗号化されたバックアップファイルをインポートするには、次の手順を実行します。

    1. [Home]タブで、[Import Backup]をクリックします。
    2. [Computer]リストから、インポートするバックアップが格納されているホストを選択します。
    3. [Browse]をクリックして、VBMまたはVBKファイルを選択します。
    4. [OK]をクリックします。暗号化されたバックアップがインベントリペインの[Backups] > [Disk (encrypted)]ノードの下に表示されます。
    5. 作業領域で、インポートしたバックアップを選択してリボンの[Specify Password]をクリックするか、バックアップを右クリックして[Specify password]を選択します。
    6. [Password]フィールドに、バックアップファイルのパスワードを入力します。

    バックアップチェーンが作成されていた間にパスワードを1回以上変更した場合は、パスワードを次のように入力する必要があります。

      • インポートにVBMファイルを選択した場合、バックアップチェーン内でファイルを暗号化するために使用した最新のパスワードを指定する必要があります。
      • インポートにVBKファイルを選択した場合、バックアップチェーン内でファイルを暗号化するために使用したパスワードセット全体を指定する必要があります。

    正しいパスワードを入力すると、Veeam Backup & Replicationによってバックアップファイルが復号されます。バックアップが、インベントリペインの[Backups] > [Disk (imported)]ノードの下に移動します。

    パスワードを忘れた場合でも、暗号化されたバックアップからデータを復元できます。Veeam Universal Licenseには、パスワードを使用しないデータのリストアが含まれています。従来のソケットベースライセンスを使用する場合は、Enterprise以上のエディションが必要です。また、バックアップサーバーをVeeam Backup Enterprise Managerに接続する必要があります。詳細については、「パスワードを使用しないデータの復号化」を参照してください。

    暗号化されたバックアップのインポート 

    関連トピック

    暗号化された設定情報のバックアップの作成