キャパシティ層のイミュータビリティ

このページで

    データをイミュータブルにするために、Veeam Backup & Replicationでは、Amazonおよび一部のS3互換プロバイダーが提供しているオブジェクトロック技術を使用します。いったん適用されると、イミュータビリティの有効期限が来るまで、オブジェクトロックによりキャパシティエクステントからのデータの削除が禁止されます。

    Amazon S3またはS3互換オブジェクトストレージのリポジトリをキャパシティエクステントとして追加または編集する場合、Adding Amazon S3 Object StorageウィザードまたはAdding S3 Compatible Object Storageウィザードの[Bucket]ステップで、イミュータビリティ機能を有効化できます。イミュータビリティの有効期限も同じステップで指定できます。

    バックアップは、保持ポリシーでより長い保存が許可されている場合でも、バケットに設定されたイミュータビリティ期間中にのみイミュータブルになります。これは、次のタイプのバックアップにも当てはまります。

    • GFSフラグを使用したバックアップ
    • VeeamZIPジョブで作成されたバックアップ
    • エクスポートされたバックアップファイル

    キャパシティエクステント内のイミュータブルなデータには、以下の操作が行えません。

    • キャパシティ層からのバックアップの削除」に記載されている、手動でのデータの削除。
    • 保持ポリシー」に記載されている、保持ポリシーによるデータの削除。
    • クラウドサービスプロバイダーツールを使用したデータの削除。
    • クラウドサービスプロバイダーのテクニカルサポート部門によるデータの削除。
    • 次に記載されている、[Remove deleted items data after]オプションによるデータの削除:「メンテナンス設定

    ヒント

    データをイミュータブルでないバケットからイミュータブルのバケットに移行する方法は2つあります。詳細については、セクション「異なるバケット間でのデータの移行」を参照してください