キャパシティ層からのダウンロードのしくみ

このページで

    キャパシティエクステントからパフォーマンスエクステントにデータをダウンロードするために、Veeam Backup & Replicationでは、SOBR Downloadジョブを使用します。

    SOBR Downloadジョブは、[Copy to performance tier]オプションを選択をした直後にトリガーされます。これは、オフロードされたデータブロックをキャパシティエクステントから収集し、それらをパフォーマンスエクステントにコピーして戻します。詳細については、「キャパシティ層からのダウンロード」を参照してください。

    キャパシティ層からのダウンロードのしくみ 

    以下の点を考慮してください。

    • データブロックをコピーする前に、Veeam Backup & Replicationは、このようなブロックがスケールアウトバックアップリポジトリのパフォーマンスエクステントに存在するかどうかを検証します。存在する場合、Veeam Backup & Replicationは、キャパシティエクステントから全く同じデータをダウンロードするのではなく、既存のブロックを再利用します。

    キャパシティ層からのダウンロードのしくみ 注:

    バックアップジョブ内のパスワードが変更された場合は、Veeam Backup & Replicationで、ダウンロードの間にパフォーマンス層のデータを再利用できないことがあります。

    • パフォーマンスエクステントに空いているストレージ領域がなく、コピー中のデータを保存する余裕がない場合には、Veeam Backup & Replicationは、このデータを受け取るための十分なストレージ容量がある、関連するスケールアウトバックアップリポジトリから別のエクステントを探します。使用しているスケールアウトバックアップリポジトリに領域不足のパフォーマンスエクステント以外にパフォーマンスエクステントがない場合、コピーはできません。
    • バックアップファイルとメタデータを退避させずにスケールアウトバックアップリポジトリからパフォーマンスエクステントのいずれかを削除した場合は、再スキャンプロセスの間にそれらのファイルとメタデータがパフォーマンスエクステントにダウンロードされるまで、コピーはできません。再スキャンプロセスの詳細については、「スケールアウトリポジトリの再スキャン」を参照してください。

    バックアップファイルとメタデータは、「キャパシティ層への非アクティブなバックアップチェーンの移動」で説明されている通りに作成されます。

    関連トピック