バックアップコピーについて

このページで

    バックアップコピーを使用して、同じバックアップファイルの複数のインスタンスを作成し、セカンダリ(ターゲット)バックアップリポジトリにコピーして長期間保存することができます。ターゲットバックアップリポジトリは、同じサイト内にソースバックアップリポジトリとして配置することも、またはオフサイトで展開することもできます。バックアップコピーファイルのフォーマットはプライマリバックアップと同じなので、災害時には、必要なデータを直接リストアできます。

    Veeam Backup & Replicationでは、次のタイプのバックアップについてバックアップコピーがサポートされています。

    • Veeam Backup & Replicationで作成されたVMware vSphereまたはvCloud Director仮想マシンのバックアップ
    • Veeam Backup & Replicationで作成されたMicrosoft Hyper-V仮想マシンのバックアップ
    • Veeam Backup & Replicationで作成されたファイル共有バックアップ
    • Veeam Backup for AWSで作成されたAmazon EC2インスタンスのバックアップ
    • Veeam Backup for Microsoft Azureで作成されたMicrosoft Azure仮想マシンのバックアップ
    • Enter valueで作成されたVMインスタンスのバックアップ
    • Veeam Backup for RHVで作成されたバックアップ
    • [ v11aのVeeam Backup & Replication累積パッチP20211211から開始]K10ポリシーによってエクスポートされたバックアップ

    重要

    <%AWS%>またはVeeam Backup for Microsoft Azure、Enter valueで作成されたバックアップのコピーについて、以下の点に注意してください。

    • 有償タイプのライセンスを所有している場合のみ、そのようなバックアップのコピーが可能です。Veeam Backup Community Editionはサポートされません。

    バックアップコピープロセスが開始されると、Veeam Backup & Replicationはソースバックアップリポジトリ上のバックアップファイルにアクセスし、バックアップファイルから特定のマシンのデータブロックを取得して、それをターゲットバックアップリポジトリにコピーし、コピーしたブロックをターゲットバックアップリポジトリ上のバックアップファイルに組み込みます。バックアップコピープロセスは、仮想および物理インフラストラクチャリソースに影響しません。追加のVMスナップショットまたはVSSスナップショットを作成する必要はなく、バックアップがコピーされるマシンに負荷をかけることもありません。

    バックアップコピーはジョブに基づいています。バックアップをコピーするには、バックアップコピーのジョブを構成する必要があります。バックアップコピーのジョブでは、いつ、何を、どのように、どこへコピーするかを定義します。バックアップコピーのジョブを作成する方法の詳細については、VMおよび物理マシンのバックアップコピーのジョブの作成を参照してください。ファイル共有バックアップをコピーするにはバックアップコピーのジョブではなくファイル共有バックアップジョブを構成する必要があるということに注意してください詳細については、「ファイル共有バックアップジョブの作成」を参照してください。

    関連トピック