ステップ3:VMの選択

このページで

    ウィザードの[Virtual Machines]ステップで、フェイルオーバープランに追加するVMを選択します。個々のVMおよびVMコンテナ全体 (ホスト、クラスター、フォルダ、リソースプール、VirtualApp、データストア、タグのいずれか)をターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。

    VMおよびVMコンテナを追加するには、次の手順を実行します。

    1. [Add VM]をクリックします。
    2. VMおよびVMコンテナを参照する場所を選択します。
    • From infrastructure - 仮想環境を参照してVMまたはVMコンテナを選択します。VMコンテナを選択すると、Veeam Backup & ReplicationによってそのVMコンテナがVMのプレーン・リストに展開されます。

    VMまたはVMコンテナをすばやく見つけるために、[Add Object]ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用できます。検索フィールドにVMまたはVMコンテナの名前、またはその一部を入力して、[Start search]をクリックするか、キーボードの[ENTER]を押します。

    • From replicas - 既存のレプリケーションジョブを参照して、レプリケーションジョブからすべてのVMまたは特定のVMを選択します。

    VMをすばやく見つけるには、[Select Replica]ウィンドウの下部にある検索フィールドを使用します。検索フィールドにVMの名前またはその一部を入力して、[Start search]をクリックするか、キーボードの[ENTER]を押します。

    仮想環境から選択するVMが少なくとも1回、正常にレプリケートされていることを確認してください。

    ステップ3:VMの選択 重要!

    どのソースからVMをフェイルオーバープランに追加するかは、重要ではありません。フェールオーバー計画を実行すると、Veeam Backup & Replicationは常に、VMレプリカの最後のリストア・ポイントにフェールオーバーします。VMレプリカの任意のリストアポイントにフェイルオーバーするには、Start toコマンドを使用します。詳細については、「フェイルオーバープランの実行」を参照してください。

    ステップ3:VMの選択