スケールアウトリポジトリからのパフォーマンスエクステントの削除

このページで

    基になるストレージにバックアップファイルを格納する必要がなくなった場合などは、スケールアウトバックアップリポジトリからパフォーマンスエクステントを削除できます。パフォーマンスエクステントを削除すると、Veeam Backup & Replicationでは関連するバックアップリポジトリをメンテナンスモードにして、パフォーマンスエクステントのロールの割り当てを解除します。このバックアップリポジトリはスケールアウトバックアップリポジトリの一部として存在することをやめて、個別のバックアップリポジトリになります。

    パフォーマンスエクステントにバックアップファイルが格納されている場合は、エクステントを削除する前に次の手順を実行することを強く推奨します。

    1. パフォーマンスエクステントをメンテナンスモードにします。
    2. エクステントからバックアップを避難させます。詳細については、「パフォーマンスエクステントからのバックアップの退避」を参照してください。

    この場合、バックアップファイルはスケールアウトバックアップリポジトリの別のパフォーマンスエクステントに移行されるため、バックアップチェーンの一貫性が保たれます。パフォーマンスエクステントからバックアップを退避させないと、一部のリストアポイントが欠落するため、バックアップチェーンが損なわれる可能性があります。

    スケールアウトバックアップリポジトリからパフォーマンスエクステントを削除するには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Scale-out Repositories]をクリックします。
    3. 作業領域で、該当するスケールアウトバックアップリポジトリを選択してリボンの[Edit Scale-out Repository]をクリックするか、スケールアウトバックアップリポジトリを右クリックして[Properties]を選択します。
    4. ウィザードの[Performance tier]ステップに移動します。
    5. [ Extents]リストで、該当するパフォーマンスエクステントを選択して[Remove]をクリックします。

    パフォーマンスエクステントにバックアップファイルが格納されている場合、Veeam Backup & Replicationではバックアップファイルを退避させるように提案されます。ファイルを避難させるには、[No]をクリックしてウィザードを閉じ、バックアップファイルを避難させます。詳細については、「パフォーマンスエクステントからのバックアップの退避」を参照してください。

    バックアップファイルを避難させない場合は、[Yes]をクリックしてウィザードを続行します。

    スケールアウトリポジトリからのエクステントの削除