シンプルな導入

このページで

    シンプルな導入シナリオは、小規模な仮想環境や、Veeam Backup & Replicationの評価を目的としている場合に適しています。このシナリオでは、Veeam Backup & Replicationと、データ保護タスクに必要なすべてのサービスは、1台のWindowsマシンにインストールされます。

    シンプルな導入シナリオを使用することを決めた場合は、VMにVeeam Backup & Replicationをインストールすることをお勧めします。これにより、仮想アプライアンス転送モードが使用できるようになり、その結果、LANを使わないデータ転送が可能になります。詳細については、「転送モード」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationがインストールされているマシンは、次のロールを実行します。

    • バックアップサーバー。すべてのジョブを調整し、スケジューリングを制御し、その他の管理アクティビティを実行します。
    • デフォルトのバックアッププロキシ。ジョブの処理を行い、バックアップトラフィックを転送します。
    • デフォルトのバックアップリポジトリ。バックアップファイルはここに格納されます。インストール時に、Veeam Backup & Replicationは、製品をインストールするマシンのボリュームをチェックし、空きディスク領域が最も大きいボリュームを識別します。Veeam Backup & Replicationは、このボリュームに、デフォルト・バックアップ・リポジトリとして使用されるBackupフォルダを作成します。
    • マウントサーバー。VMゲストOSファイルのリストアに必要です。
    • ゲストインタラクションプロキシ。これは、アプリケーション認識処理、ゲストファイルシステムのインデックス作成、トランザクションログの処理に必要です。

    シンプルな導入 

    Veeam Backup & Replicationは、インストール直後に使用可能になっています。ただし、バックアップ、レプリケーション、およびその他のアクティビティのソースおよびターゲットとして使用する予定のVMware vSphereサーバーを追加する必要があります。詳細については、「VMware vSphereサーバーの追加」を参照してください。

    シンプルな導入シナリオの欠点は、すべてのデータがバックアップサーバーに処理、格納されることです。中規模または大規模な環境では、単一のバックアップサーバーの容量では十分でない場合があります。バックアップサーバーから負荷を切り離し、バックアップインフラストラクチャ全体に分散するには、高度な導入シナリオを使用することをお勧めします。詳細については、「高度な導入」を参照してください。

    関連トピック

    バックアップインフラストラクチャのコンポーネント