ステップ1:Azure Proxyウィザードの起動

このページで

    Azure Proxyウィザードを起動するには、次のいずれかを実行します。

    • [Backup Infrastructure]ビューを開きます。インベントリペインで[Backup Proxies]を選択し、[Backup Proxy]ノードをクリックして、リボンの[Add Proxy] > [Azure]をクリックします。
    • [Backup Infrastructure]ビューを開きます。インベントリペインで、[Backup Proxies]を右クリックし、[Add Azure Proxy]を選択します。

    ステップ1:Azure Proxyウィザードの起動重要!

    Azureプロキシの構成を開始する前に、Microsoft Azureユーザーアカウントに関する情報をインポートする必要があります。逆の場合、[Add Azure Proxy]オプションは選択できません。詳細については、「Azureアカウントの追加」または「Azure Stackアカウントの追加」を参照してください。

    ステップ1:Azure Proxyウィザードの起動