レプリカ・フェールオーバー

このページで

    フェイルオーバーは、本番組織vDC上の元のvAppから、災害復旧組織vDC上のvAppレプリカに切り替えるプロセスです。フェイルオーバーの間に、Veeam Backup & Replicationによって目的のリストアポイントまでvAppレプリカがリカバーされ、すべてのI/Oプロセスが元のvAppからそのレプリカにシフトされます。これによって、完全に機能するvAppが数分のうちに用意され、最小限の中断でユーザーがサービスやアプリケーションにアクセスできるようになります。

    ヒント

    災害で本番組織vDCに問題が発生した場合のみでなく、レプリカの復元力をテストするためにも、レプリカにフェイルオーバーできます。元のvAppとvAppレプリカが同じネットワーク上にある場合は、IPアドレスまたはマシン名の競合を回避するため、元のvAppをネットワークから一時的に切断することを検討してください。

    フェイルオーバー操作は次のように実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationによってすべてのレプリケーションアクティビティが保留になります。
    2. vAppレプリカの状態が[Ready]から[Processing]に変更されます。フェイルオーバーが正常に完了すると、状態が処理からフェイルオーバーに変更されます。
    3. Veeam Backup & ReplicationによってvAppレプリカが目的のリストアポイントまでリカバーされます。
    4. Veeam Backup & ReplicationによってvAppレプリカの電源がオンになります。

    元のvAppは引き続き残り、フェイルオーバーによって元のvAppの状態は変更されません。フェイルオーバーを実行したときに電源がオンになっていると、フェイルオーバーが完了しても電源はオンのままであり、電源がオフになっていると、その状態が維持されます。

    1. レプリカが[Failover]状態で実行されている間にvAppレプリカに行われた変更は、すべてスナップショットデルタファイルに書き込まれ、ターゲットホストに保存されます。