ステップ11:概要の確認とウィザードの終了

このページで

    ウィザードの[Summary]のステップで、フェイルバックの追加設定を指定します。

    1. フェイルバックの完了後にターゲットホスト上のVMを起動するには、[Power on VM after restoring]チェックボックスを選択します。
    2. 指定した設定を確認し、[Finish]をクリックします。 Veeam Backup & Replicationにより、対応するVMレプリカの状態に元のVMがリストアされます。

    ステップ11:概要の確認とウィザードの終了