VM全体のリストア

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、元のVMに障害が発生した場合に、バックアップファイルからVM全体を最新の状態または以前の時点にリストアできます。

    VM全体のリストアの場合、Veeam Backup & Replicationはバックアップから本番ストレージにVMイメージを抽出します。そしてVeeam Backup & Replicationはバックアップリポジトリから選択したストレージにVMデータを取り込み、選択されたESXiホストにVMを登録し、必要な場合は起動します。

    VM全体のリストアを実行すると、ディスクI/Oのパフォーマンスがフルに発揮され、インスタントリカバリを実行すると、vPower NFSスループットが制限されるため、VMの“テンポラリスペア”が作成されます。

    VM全体のリストアのしくみ

    VMは元の場所または新しい場所にリストアできます。VMを元の場所にリストアする場合、Veeam Backup & Replicationでは元のVMの電源をオフにしてバックアップファイルに含まれるディスクのみをリストアします。その他のすべてのディスクは変更されません。

    VMを新しい場所にリストアする場合は、新しいVM名、VMを格納するホストとデータストア、ディスク形式(シンプロビジョニングまたはシックプロビジョニング)、ネットワークプロパティなど、新しいVM設定を指定できます。Veeam Backup & ReplicationはVM設定ファイルを変更し、ユーザーが選択した場所にVMデータを格納します。

    VM全体の復元を実行する場合、Veeam Backup & Replicationは次の転送モードのいずれかを使用します。

    • バックアッププロキシがSANファブリックに直接接続されている場合、またはNFSデータストアにアクセスできる場合、Veeam Backup & Replicationはダイレクトストレージアクセス転送モードを使用します。バックアップリポジトリに展開されたVeeamデータムーバーとバックアッププロキシは、バックアップファイルからVMデータを取得して、必要なデータストアに直接格納します。

    Veeam Backup & Replicationはダイレクト・ストレージ・アクセス転送モードを使って、シックVMディスクだけを復元できます。シンVMディスク復元の場合、Veeam Backup & Replicationは仮想アプライアンス転送モードまたはネットワーク転送モードを使用します。または、VMディスクをシックとして復元するようにVeeam Backup & Replicationに指示することができます。

    • バックアッププロキシが仮想化されて、VMのリストア先にする必要があるESXiホストに格納されている場合、Veeam Backup & Replicationは仮想アプライアンス転送モードを使用します。仮想アプライアンス転送モードはVMに対し、HotAddingディスクのVMware ESXiの機能を利用して、ネットワーク経由でバックアップデータを転送する必要性を排除します。バックアップリポジトリに展開されたVeeamデータムーバーとバックアッププロキシは、バックアップファイルからVMデータを取得し、ESXi I/Oスタックを介して必要なデータストアに直接格納します。
    • ダイレクト・ストレージ・アクセス転送モードと仮想アプライアンス転送モードを使用できない場合、Veeam Backup & Replicationはネットワーク転送モードを使用します。

     

    VMに複数のVMディスクがある場合、Veeam Backup & ReplicationはVMディスクを同時に復元します。

    関連トピック