AWS Snowball Edgeストレージへのバックアップのシード

このページで

    AWS Snowball Edgeデバイスへのバックアップデータの移動が完了したら、このデータを自分のストレージアカウントと同期できるように、このデバイスをAmazonに返送する必要があります。AWS Snowball Edgeの返送の詳細については、Amazonのこちらの記事を参照してください。

    返送用にAWS Snowball Edgeを準備するには、「メンテナンスモードへの切り替え」の説明に従って、AWS Snowball Edgeデバイスに関連付けられたオブジェクトストレージリポジトリをメンテナンスモードにします。AWS Snowball Edgeの返送準備の詳細については、Amazonのこちらの記事を参照してください。

    デバイスの返送後、それがAmazonに受け入れられ、自分のストレージアカウントへのデータアップロードの成功の通知が届くまで待ちます(そのような通知をサブスクライブしている場合)。その後、次の手順を実行します。

    1. Amazon S3ストレージの追加」の説明に従って、Amazon S3ストレージを追加します。[Specify Object Storage Settings]ステップで、AWS Snowball Edgeデバイス用に選択したのと同じバケットおよびフォルダを選択します。
    2. スケールアウトバックアップリポジトリの設定の編集」の説明に従って、Edit Scale-out Backup Repositoryウィザードを開きます。[Capacity Tier]ステップで、AWS Snowball Edgeオブジェクトストレージを、前のステップで作成したAmazon S3ストレージに変更します。新しい設定を保存します。
    3. オブジェクトストレージリポジトリの削除」の説明に従って、AWS Snowball EdgeオブジェクトストレージをVeeam Backup & Replicationバックアップインフラストラクチャから削除します。

    重要

    使用するS3バケットでバージョニングとオブジェクトロックが有効になっていないことを確認してください。

    関連トピック

    AWS Snowball Edgeストレージの追加