バックアップコピーウィンドウ

このページで

    バックアップコピーウィンドウは、バックアップコピーのジョブにおいて、ソースとターゲットのリポジトリ間でのデータ転送が許可される期間です。

    デフォルトでは、バックアップコピーウィンドウはいつでもデータを転送できるように構成されています。バックアップコピーのジョブを本番時間と重複させたくない場合は、バックアップコピーウィンドウを短縮して「禁止」時間を指定することができます。

    禁止時間中、Veeam Backup & Replicationはソースとターゲットのリポジトリ間でデータを転送できません。Veeam Backup & Replicationの禁止時間中の動作やバックアップコピーウィンドウの他の側面は、選択したバックアップコピーモードによって異なります。詳細については、「即時コピーモードにおけるバックアップコピーウィンドウと禁止時間」および「定期コピーモードにおけるバックアップコピーウィンドウと禁止時間」を参照してください。

    禁止時間中、Veeam Backup & Replicationはデータ転送操作のみを停止します。ターゲットリポジトリ内での変換プロセスは引き続き実行されます。詳細については、「変換プロセス」を参照してください。

    即時コピーモードにおけるバックアップコピーウィンドウと禁止時間

    禁止時間が開始されると、Veeam Backup & Replicationはデータ転送が終了していないバックアップコピーのジョブセッションを停止して、そのセッションステータスに[Failed]を割り当てます。禁止時間中、Veeam Backup & Replicationは新しいバックアップコピーのジョブセッションを開始しません。

    バックアップコピーウィンドウが開始されると、Veeam Backup & Replicationは転送されなかったリストアポイントをすべて転送し、省略されたのと同じ数だけ増分バックアップファイルを作成します。

    バックアップコピーウィンドウ 

    定期コピーモードにおけるバックアップコピーウィンドウと禁止時間

    禁止時間中のVeeam Backup & Replicationの動作とバックアップコピーウィンドウは、バックアップコピー間隔の長さに応じて決まります。

    バックアップコピーウィンドウ