ステップ4:オブジェクトの除外

このページで

    CDPポリシーにVMまたはVMコンテナを追加した後には、どのオブジェクトをレプリケートから除外するかを指定できます。次のタイプのオブジェクトを除外できます。

    VMまたはVMコンテナの除外

    VMまたはVMコンテナを除外するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Virtual Machines]のステップで、[Exclusions]をクリックします。
    2. [Exclusions]ウィンドウで、[VMs]タブが選択されていることを確認し、[Add]をクリックします。
    3. [Add Objects]ウィンドウで、レプリケートから除外するVMまたはVMコンテナを選択し、[Add]をクリックします。

    ウィンドウの右上隅にあるツールバーを使用して、ビューを切り替えることができます。選択するビューによって、一部のオブジェクトを利用できない場合があります。たとえば、[VMs and Templates]ビューを選択した場合、リソースプール、ホスト、クラスターはツリーに表示されません。

    ステップ4:オブジェクトの除外

    ディスクの除外

    ディスクを除外するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Virtual Machines]のステップで、[Exclusions]をクリックします。
    2. [Exclusions]ウィンドウで、次のいずれかを実行します。
    1. [Disks]タブに切り替えます。
    2. コンテナの一部として追加されているVMのディスクを除外する場合は、[Add]をクリックします。[Add Objects]ウィンドウで、目的のVMを選択し、[Add]をクリックします。
    3. [Disks to process]リストで、目的のVMまたはVMコンテナを選択します。
    4. [Edit]をクリックします。
    1. [Select Disks]ウィンドウで、レプリケートするディスク(すべてのディスクか、0:0ディスク(一般にシステムディスク)か、特定のIDE、SCSI、SATA、またはNVMeディスク)を選択します。[OK]をクリックします。
    2. [Exclusions]ウィンドウで、[OK]をクリックします。

    バックアップからディスクを除外し、アプリケーション認識処理を有効にした場合、Veeam Backup & Replicationでは、除外したディスクのアプリケーション認識処理は引き続き実行されます。これは、VSSでディスクデータが処理されるということです。

    ステップ4:オブジェクトの除外