NFS共有

このページで

    NFS共有をバックアップリポジトリとして使用できます。

    NFSバックアップリポジトリの導入

    NFSバックアップリポジトリと通信するために、Veeam Backup & Replicationでは、データ処理とデータ転送を実行する次の2つのデータムーバーサービスが使用されます。

    • バックアッププロキシ上のVeeamデータムーバー
    • ゲートウェイサーバー上のVeeamデータムーバー

    NFS共有は、Veeamデータムーバーをホストできません。そのため、NFS共有と通信するために、ゲートウェイサーバーを展開する必要があります。Veeam Backup & Replicationによって、このゲートウェイサーバー上にVeeamデータムーバーが自動的に展開されます。詳細については、「ゲートウェイサーバー」を参照してください。

    NFSバックアップリポジトリをジョブが処理するときに、ゲートウェイサーバー上のデータムーバーサービスがバックアッププロキシ上のデータムーバーサービスとの接続を確立し、LANまたはWAN経由での効率的なデータ転送が可能になります。

    WANリンクを経由して、オフサイトNFSリポジトリにVMデータを移動する予定の場合、NFSリポジトリにより近いリモートサイトに、追加のゲートウェイサーバーを展開することをお勧めします。

    NFS共有 

    NFSバックアップリポジトリの要件と制限事項

    NFSリポジトリのロールを実行するマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

    • マシンは、システム要件を満たしている必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • NFSリポジトリのロールは、Microsoft WindowsまたはLinuxのマシン(物理または仮想)、またはNFSプロトコルをサポートするNASストレージに割り当てることができます。
    • NFSリポジトリは、読み取りと書き込みのアクセス権をゲートウェイに提供する必要があります。

    Veeam Backup & Replicationでは、NFSリポジトリのマルチパスはサポートしていません。

    NFSゲートウェイサーバーの要件

    NFSゲートウェイサーバーのロールを実行するマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

    • マシンは、システム要件を満たしている必要があります。詳細については、「システム要件」を参照してください。
    • ゲートウェイサーバーのロールをMicrosoft WindowsマシンまたはLinuxマシン(物理または仮想)に割り当てることができます。
    • マシンを管理対象サーバーとして、Veeam Backup & Replicationコンソールに追加する必要があります。
    • [自動ゲートウェイ選択の場合] バックアップサーバーは、NFSリポジトリの読み取りと書き込み権を保持している必要があります。
    • [自動ゲートウェイ選択の場合] NFSリポジトリの自動ゲートウェイ選択を設定する場合、Veeam Backup & Replicationは、リポジトリのゲートウェイとバックアップジョブのプロキシと同じマシンを使用することがあります。バックアッププロキシは次の要件を満たす必要があります。
    • バックアップジョブのバックアッププロキシを明示的に選択する場合、NFSリポジトリを対象としているバックアップジョブに選択したすべてのプロキシに、読み取りおよび書き込みアクセス権を付与してください。
    • バックアップジョブの自動プロキシ選択を設定する場合、Veeam Backup & Replicationインフラストラクチャ内のすべてのプロキシに読み取りおよび書き込みアクセス権を付与してください。
    • NFSリポジトリを対象とするバックアップジョブがLinuxリポジトリを使用する場合、LinuxプロキシサーバーにNFSクライアントパッケージがインストールされていることを確認してください。

    Linuxゲートウェイサーバーの要件と制限

    一般的な要件に加えて、Linuxゲートウェイサーバーは次の要件を満たす必要があります。

    • LinuxゲートウェイサーバーにNFSクライアントパッケージがインストールされていること。
    • Linuxゲートウェイサーバーで認証するためのログイン情報がrootを保有していること、またはroot権限に昇格していること。
    • Veeam Backup & Replicationは、ゲートウェイとリポジトリでサポートされている、一番上のNFSプロトコルバージョンを使用します。

    NFS共有プロパティでNFSバージョンを示す接尾辞は、正しく表示されない場合があります。これは既知の問題です。

    NFS共有 ヒント:

    NFSプロトコルバージョンに変更があった場合(NFS共有を更新した、など)、Edit Backup Repositoryウィザードをクリックしていくと、Veeam Backup & Replicationの情報を更新できます。

    関連トピック