CDPの仕組み

このページで

    このセクションでは、レプリケーションの間にCDPがどのように動作するかを説明します。データ復元の間にCDPがどのように動作するかを知るには、「CDPのフェイルオーバーとフェイルバック」を参照してください。

    レプリケーションの間のCDPのワークフローは、バックアップインフラストラクチャコンポーネント設定とデータ転送という2つの部分に分けられます。

    設定時、Veeam Backup & Replicationは必要なバックアップインフラストラクチャコンポーネントを構成します。また、インフラストラクチャに何らかの変更があった場合は、Veeam Backup & Replicationがそのコンポーネントを再構成します。データ転送時、Veeam Backup & Replicationは、ディスクのデータブロック、およびそれらに対して行われた変更を送信することで、短期および長期リストアポイントを作成します。リストアポイントの詳細については、「レプリケーションチェーン」を参照してください。

    バックアップインフラストラクチャコンポーネント設定とデータ転送は、絶えず続くプロセスです。

    コンポーネント設定のアルゴリズム

    初期設定(つまり、CDPポリシーが初めて開始されたときか、そのポリシーが有効になった後)の際に行われるステップを以下に示します。

    1. Veeam CDP Coordinator Serviceが、構成データベースからポリシー設定を読み取り、処理するVMタスクのリストを作成します。CDPポリシーに追加されたすべてのVMについて、Veeam Backup & Replicationが新しいタスクを作成します。
    2. Veeam CDP Coordinator Serviceが、対象のバックアップインフラストラクチャコンポーネントが利用可能であることを確認します。
    3. Veeam CDP Coordinator Serviceが、CDPポリシーに追加されているVM、および仮想化ホストについて、情報をvCenter Serverから問い合わせます。
    4. Veeam CDP Coordinator ServiceがvCenter Serverに、ターゲットホスト上に元のVMと同じ設定で、ただし空の仮想ディスクを使用して、空のVMレプリカを作成するようリクエストします。vCenter Serverが、作成したVMレプリカを登録します。
    5. Veeam CDP Coordinator ServiceがvCenterに、Veeam CDP ReplicationストレージポリシーをソースESXiホスト上のVMの仮想ディスクに適用するようリクエストします。このストレージポリシーは、CDPのために必要なコンポーネントを追加し、さらにすべてのI/O操作のデータを取得します。ストレージポリシーの詳細については、VMwareのドキュメントを参照してください。

    Veeam CDP Replicationストレージポリシー自体は、I/OフィルタをインストールしたときにvCenter Server上に作成されます。このフィルタのインストール方法の詳細については、「I/Oフィルタのインストール」を参照してください。

    1. Veeam CDP Coordinator Serviceが、データ転送に使用するVMware CDPプロキシを選択し、ネットワークトラフィックのスロットリングのルールなど、データ転送についての多数のルールを設定します。

    CDPポリシーの構成時に自動プロキシ選択を選んだ場合は、Veeam Backup & Replicationが、CDPプロキシ上の現在のワークロードを分析し、以下の優先ルールに従って(最も望ましいものから順に)VMware CDPプロキシを選択します。

    • 物理マシン上のVMware CDPプロキシ
    • 同じESXiホストにあるVM上のVMware CDPプロキシ(つまり、元のVMがあるホスト上のソースプロキシ、VMレプリカがあるホスト上のターゲットプロキシ)
    • その他のVMware CDPプロキシ

    プロキシ選択モードの指定方法の詳細については、「データ転送設定とレプリカ設定の指定」を参照してください。

    1. Veeam CDP Coordinator Serviceが、バックアップインフラストラクチャコンポーネントに、CDP用に必要な設定を送信します。この設定には、RPO、短期および長期保持設定などの情報が含まれています。

    初期設定が終了すると、Veeam Backup & Replicationがバックアップインフラストラクチャの監視を開始します。インフラストラクチャまたはCDPポリシーの設定に変更があった場合は、Veeam Backup & Replicationがそのコンポーネントを再構成します。次の例を考えてみましょう。

    • VMware CDPプロキシが使用不可になった場合は、バックアップサービス上のVeeam CDP Coordinator Serviceが、このプロキシを使用できなくなったという通知を受け取ります。その後、このサービスが別のプロキシを選択します。

    バックアップインフラストラクチャに新しいプロキシを追加した場合、Veeam Backup & Replicationは、既に作成されているCDPポリシーにはこれらのプロキシを使用しません。つまり、Veeam Backup & Replicationはインフラストラクチャを再構成しません。CDPポリシー用に自動プロキシ選択を選択してあり、新しく追加したプロキシを使用する場合は、CDPポリシーを無効にしてから有効にします。プロキシを手動で選択した場合は、CDPポリシーの設定を編集し、必要なプロキシを追加します。

    • 元のVMに仮想ディスクが追加されている場合は、Veeam CDP Coordinator Serviceが、vCenterにターゲットホスト上にそれらのディスクを作成するようリクエストし、ストレージポリシーを適用して、ディスクデータを転送するVMware CDPプロキシを選択します。
    • CDPポリシーに新しいVMが追加されている場合は、Veeam CDP Coordinator Serviceが、vCenterに、空のディスクを使用してVMレプリカを作成するようリクエストし、それらのVMディスクにストレージポリシーを適用して、データ転送に使用するVMware CDPプロキシを選択します。
    • VMware vSphere vMotionを使用して元のVMが他のホストまたはデータストアに移行された場合は、Veeam CDP Coordinator Serviceが、移行後にデータがどのように転送されるかを分析し、データ転送を最適化するVMware CDPプロキシを選択します。

    データ転送のアルゴリズム

    データ転送は、Veeam Backup & Replicationがバックアップインフラストラクチャコンポーネントを構成(初期構成を実行)した直後に開始されます。データ転送は、初期同期中と増分同期中で異なります。

    一般に、初期同期は、ディスクデータが初めてターゲットホストに送信されたときに実行されます。初期同期中、Veeam Backup & Replicationは、仮想ディスクのフルコピーのデータを送信し、最初のリストアポイントを作成します。

    増分同期中、Veeam Backup & Replicationは主に、仮想ディスクに対して行われた増分変更のデータを送信し、短期および長期リストアポイントを作成します。 VMレプリカのために作成されるリストアポイントとファイルの詳細については、「レプリケーションチェーン」を参照してください。

    初期同期中のデータ転送アルゴリズム

    初期同期中のデータ転送で行われるステップを以下に示します。

    1. ソースホスト上で、I/OフィルタがVMディスクからすべてのデータを読み取り、それをソースVMware CDPプロキシに送信します。

    元のVMはまだ稼動中であるため、既に転送したデータブロックのデータが変更される可能性があります。I/Oフィルタがこれらの変更内容をインターセプトし、それらをプロキシに送信します。変更されたデータブロック全体ではなく変更内容を送信することで、ネットワーク上で送信されるトラフィックを最小限に抑えることができます。

    1. ソースプロキシ上のVeeam CDP Proxy Serviceが、受信したデータを圧縮して暗号化し、それをターゲットプロキシに送信します。
    2. ターゲットプロキシ上のVeeam CDP Proxy Serviceが、受信したデータを圧縮解除し、復号します。その後、ターゲットホストにデータを送信します。
    3. ターゲットホスト上のI/Oフィルタが、受信したデータを仮想ディスクに保存します。保存されたデータは、最初の長期リストアポイントに関連しています。このリストアポイントにはクラッシュ整合性があります。

    Veeam Backup & Replicationは、初期同期が終了してから、長期および短期リストアポイントの作成を開始します。

    初期同期が終了すると、Veeam Backup & Replicationは増分同期を開始します。

    増分同期中のデータ転送アルゴリズム

    増分同期中には、Veeam Backup & Replicationは、短期および長期リストアポイントを作成します。短期リストアポイントを作成するために、Veeam Backup & Replicationは、VMディスク上のトランザクションによって行われた変更をインターセプトし、これらの変更内容をターゲットデータストアに送信します。変更内容は絶えず転送され、ターゲットデータストア上のトランザクションログに保存されます。長期リストアポイントを作成するために、Veeam Backup & Replicationは、短期リストアポイントのデータを使用し、それらのリストアポイントをデルタディスクに保存します。長期リストアポイントはスケジュールに従って作成されます。

    Veeam Backup & Replicationが短期リストアポイント用のデータを転送するときに行われるステップを以下に示します。

    1. ソースホスト上で、I/OフィルタがすべてのI/O操作のデータをインターセプトし、このデータをソースVMware CDPプロキシに送信します。
    2. RPOになると、ソースプロキシ上のVeeam CDP Proxy Serviceが、短期リストアポイントに必要なデータを準備します。このために、Veeam CDP Proxy Serviceは、ソースVMware CDPプロキシが蓄積してきたデータの最新の状態を取得します。
    3. ソースVeeam CDP Proxy Serviceが、データを圧縮して暗号化し、それをターゲットプロキシに送信します。
    4. ターゲットVeeam CDP Proxy Serviceが、受信したデータを圧縮解除し、復号します。その後、ターゲットホストにデータを送信します。
    5. ターゲットホスト上のI/Oフィルタが、受信したデータをトランザクションログに保存します。

    長期リストアポイントの作成がスケジュールされている場合に行われるステップを以下に示します。

    1. [アプリケーションを認識したイメージ処理がCDPポリシーで有効な場合] Veeam Backup & ReplicationはVMゲストOSに接続し、VMゲストOSに非永続的実行時コンポーネントを導入するか永続的エージェントコンポーネントを接続または導入し、VM上のアプリケーションの休止やアプリケーションデータの整合性の維持など、ゲスト内処理タスクを実行します。ゲストエージェントおよび非永続的コンポーネントの詳細については、「非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント」を参照してください。
    2. ターゲットデータストア上で、I/Oフィルタが、前の長期リストアポイントの作成後に作成された短期リストアポイントのデータを使用して長期リストアポイントを形成します。新しい長期リストアポイントのデータがデルタディスクに保存されます。