ライセンスの手動でのアップデート

このページで

    要求に応じてライセンスを手動でアップデートすることができます。手動でライセンスをアップデートすると、Veeam Backup & ReplicationはVeeamライセンス・アップデート・サーバーに接続し、新しいライセンスをダウンロードし(ライセンスが利用可能な場合)、バックアップ・サーバーにインストールします。

    新しいライセンスキーと以前にインストールしたライセンスキーでは、ライセンスの有効期限やサポート失効日が異なります。多数のインスタンスについてライセンスを取得した場合は、新しいライセンス内のカウンターに、ライセンス付与されたインスタンスの数も新しく表示されます。

    ライセンスをアップデートするには、次の手順を実行します。

    1. メインメニューで[License]を選択します。
    2. [License Information]ウィンドウで[Update Now]をクリックします。

    手動ライセンスアップデートプロセスの統計情報は、[History]ビュー内の[System]ノードの下に表示されます。[License key auto-update]ジョブをダブルクリックすると、ライセンスアップデート処理のセッションの詳細を確認することができます。

    ライセンスの手動でのアップデート 

    手動ライセンスアップデートの結果

    手動ライセンスアップデートは終了時に次の結果となる可能性があります。

    • 処理が正常終了。新しいライセンスキーが正常に生成され、バックアップサーバーまたはVeeam Backup Enterprise Managerサーバーにダウンロードされ、インストールされています。
    • 新しいライセンスは不要。現在インストールされているライセンスキーをアップデートする必要はありません。
    • Veeamライセンスアップデートサーバーで新しいライセンスの生成に失敗。このような状況は、Veeanライセンスアップデートサーバー側のエラーにより発生する可能性があります。
    • Veeam Backup & Replicationが無効な応答を受信。このような状況は、Veeanライセンス・アップデート・サーバーとVeeam Backup & Replicationとの間の接続の問題により発生する可能性があります。
    • 契約によるライセンス付与が終了。このような状況では、Veeam Backup & Replicationは、バックアップサーバーまたはVeeam Backup Enterprise Managerサーバーでの自動ライセンスアップデートを自動的に無効にします。