Veeam Backup & Replication 11へのアップグレード

このページで

    Veeam Backup & Replicationをバージョン11にアップグレードするには、サポートされているオペレーティングシステム上でバージョン9.5 Update 4b(ビルド9.5.4.2866)以降が実行されている必要があります(本書の「システム要件」セクションを参照してください)。それ以前のバージョンからアップグレードする場合は、Veeam Customer Supportにお問い合わせください。

    アップグレードチェックリスト

    Veeam Backup & Replicationをアップグレードする前に、次の前提条件を確認してください。

    1. Veeam Backup & Replication 11ではバージョン10で導入されているものと同じライセンスファイル形式を使用するため、既存のバージョン10ライセンスファイルを用いて11以降のバージョンをインストールできます。インストールする製品バージョンが構築された時点で、サポート契約が有効になっている必要があります。
    2. Veeam Backup Starterを使用している場合、このエディションは廃止されたため、Veeam Backup & Replication 11はこのタイプのライセンスファイルに対応していません。カスタマーポータルから代替ライセンスファイルをダウンロードした後に、アップグレードしてください。
    3. [ Veeam Backup & Replication 11a (build 11.0.1.1261) の場合] Server 2019ベースのReFSバックアップリポジトリを使用していますか?はいの場合は、Veeam R&Dフォーラムでこのスレッドを読むまで、サーバー2022にアップグレードしたり、サーバー2019から新しいサーバー2022インストールにReFSボリュームをマウントしたりしないでください。Microsoftは、ReFS形式のアップグレードコードの既知のリグレッションに対処しました。修正は現在公開されています。
    4. [ 11a (build 11.0.1.1261)の前のVeeam Backup & Replication 11 の場合]Cloud Connectを使用していますか?「はい」の場合は、Cloud Connectのサービスプロバイダーに問い合わせて、アップグレードするバージョン以降に、Cloud Connectのシステムがアップグレードされているかを確認してください。
    5. Veeam Availability Orchestratorを使用している場合。はいの場合、Veeam Availability Orchestrator 4.0はVeeam Backup & Replication 11、Veeam Availability Orchestrator 5.0、 Veeam Backup & Replication 11および11aと互換性があることに注意してください。Veeam Availability Orchestrator 4.0にアップグレードしてから、Veeam Backup & Replication 11にアップグレードしてください。
    6. Veeam Backup Enterprise Managerを使用していますか。「はい」の場合は、こちらのコンポーネントからアップグレードの手順を開始します。Enterprise Manager 11では、バージョン9.5 Update 4以降のバックアップサーバーがサポートされているため、必要に応じて新旧の製品バージョンを同時に実行することも可能です。
    7. バックアップインフラストラクチャの監視にVeeam ONEを使用していますか。「はい」の場合は、最初にVeeam ONEをアップグレードします。Veeam ONEでは、バックアップサーバーバージョン9.5 Update 4以降の監視がサポートされています。
    8. Veeam ONEに追加されたVeeam Backup Enterprise Managerサーバーを使用している場合、まずVeeam ONEをアップグレードし、次にVeeam Backup Enterprise Managerをアップグレードし、その次にVeeam Backup & Replicationをアップグレードします。
    9. Nutanix Mineバージョン2.0.1以前のインフラストラクチャ内でVeeam Backup & Replicationを使用していますか? はいの場合、 Nutanix Mineをバージョン3.0にアップグレードしてから、 Veeam Backup & Replicationをバージョン11aビルド11.01.1261以降にアップグレードします。
    10. OracleRMAN用のVeeamPlug-inまたはSAPHANA用のVeeamPlug-inを使用していますか?はいの場合は、最初にVeeam Backup & Replicationをアップグレードする必要があります。その後、Veeamプラグインをアップグレードできます。 Veeam Backup & Replication 11または11aは、Veeam Plug-insバージョン11および10a(10.0.1.4854)をサポートします。
    11. システム要件に従って、アップグレードするバックアップサーバーが、オペレーティングシステムのサポート対象のバージョンにインストールされているかどうかを確認します。インストールされていない場合は、設定情報のバックアップを作成し、まずサポート対象OS上にVeeam Backup & Replication 11をインストールしてから作成済みの設定情報のバックアップをリストアします。移行の実行方法については、「このVeeamナレッジベースの記事」を参照してください。
    12. バックアップインフラストラクチャのコンポーネントとして使用する他のサーバーが、本書の「システム要件」セクションに記載されているシステム要件を満たしていることを確認します。
    13. Veeam Backup & Replicationで保護する仮想環境が、本書の「プラットフォームのサポート」セクションに記載されている要件を満たしていることを確認します。
    14. アクティブなプロセス(実行中のジョブやリストアセッションなど)がないことを確認します。実行中のジョブは停止せずに、正常に完了させることをお勧めします。定期的なジョブやバックアップコピージョブを無効にして、アップグレード時にこれらのジョブが開始されることのないようにします。
    15. 必要なすべての権限が付与されていることを確認してください。アクセス許可については、「VMwarevSphereに必要なアクセス許可」を参照してください。
    16. 合成GFSフルバックアップを使用したバックアップコピージョブはありますか?アップグレードする前に、すべてのGFS候補(GFSがスケジュールされた日に作成され、完全なGFS復元ポイントに変換されることが予想される増分復元ポイント)がすでにGFS復元ポイントに変換されていることを確認してください。バックアップコピージョブですべてのGFS候補を強制的に変換するには、短期間の保持を一時的に減らして、最新の復元ポイントと最新のGFS候補の間の復元ポイントの数よりも少ない値にし、すべての候補が変身。

    Veeam Backup & Replicationバージョン11より前では、Veeam Backup & ReplicationはGFSがスケジュールされた日にGFS候補を作成し、その後、短期間の保持に従って完全なGFS復元ポイントに変換しました。復元ポイントがどのように変換されたかの詳細については、「 SyntheticWeeklyFullBackups 」を参照してください。Veeam Backup & Replicationバージョン11以降、Veeam Backup & Replicationは、新しいスケジュールに従ってGFS復元ポイントを作成し、スケジュールされた日にそれらを作成します。詳細については、「GFS保持ポリシー」を参照してください。アップグレード後、Veeam Backup & Replicationは以前のGFS候補を完全なGFS復元ポイントに変換しなくなりました。つまり、すべてのGFS候補はGFSステータスを失い、通常の増分復元ポイントになり、短期保存ポリシーに従って削除されます。

    1. ローテーションされたドライブを備えたバックアップリポジトリを対象としたバックアップコピージョブを使用していますか?はいの場合、アップグレード後、ローテーションされたドライブが欠落している場合の復元ポイントが考慮されて保持が開始されることに注意してください。ローテーションされたすべてのドライブに必要な数の復元ポイントを保存するには、アップグレード前に保持値を増やします。
    2. [ Veeam Backup & Replication 11a (build 11.0.1.1261)の場合] Veeam Backup for Microsoft Azureとの統合を使用していますか?はいの場合、11aにアップグレードした後、[クラウドクレデンシャルの管理]で既存のMicrosoft Azureコンピューティングアカウントを選択し、[編集]をクリックして、MicrosoftAzureコンピューティングアカウントを確認してアカウントのアクセス許可を更新します。そうしないと、 Veeam Backup for Microsoft Azure 3.0で作成されたバックアップを使用して外部リポジトリを追加するときに問題が発生する可能性があります。
    3. Veeam Backup & Replicationで管理されているVeeam Agentを使用していますか?Veeam Agents v3を使用している場合、 Veeam Backup & Replication 11または11aにアップグレードすると動作を停止します。この場合、VeeamAgentをすぐにv5にアップグレードすることを強くお勧めします。Veeam Agents v4を使用する場合、 Veeam Backup & Replication 11または11aにアップグレードした後も引き続き機能しますが、v11またはv11aで実装された新機能はサポートされません。この場合、新機能のサポートが重要でない場合は、後でVeeamAgentをv5にアップグレードできます。

    バージョン9.5 Update 4bからのアップグレードに関するその他の考慮事項:

    1. インスタンスライセンスを使用して、ソケットライセンスが存在するエージェントベースのバックアップジョブでvSphere VMまたはHyper-V VMの一部を保護していますか。Veeamライセンスポリシーの実施時にそのようなVMが実行されているバージョン10ホストから始めると、ソケットライセンスが消費されます。その結果ソケットライセンスが不十分になり、アップグレード後にエージェントベースのバックアップジョブが失敗する可能性があります。バージョン11にアップグレードする前に、「Veeam Backup & Replication 10の新機能」の「ライセンス」セクションで、バージョン10のリリースで行われたすべての変更に関する詳しい説明を確認します。
    2. Veeam Backup & Replication 11のセットアップウィザードでは、バージョン11ライセンスを自動的にダウンロードすることも選択できます。これには、現在インストールされているライセンスをVeeamサーバーにアップロードする必要があります。バックアップサーバーがインターネットに接続されていない場合やライセンスをアップロードしたくない場合、またはライセンスのアップグレードに問題がある場合は、カスタマーポータルからライセンスを手動でダウンロードします。ポータルにアクセスするときに有効な保守契約が必要であることに注意してください。

    アップグレードの実行

    Veeam Backup & Replicationをバージョン11にアップグレードするには、次の手順を実行します。

    1. アップグレードチェックリスト」に記載されている前提条件を必ずすべて確認しておきます。
    2. Veeam Backup & Replication Download」ページからVeeam Backup & Replication ISOの最新バージョンをダウンロードします。
    3. すべての既存ジョブの最新の実行が正常に完了していることを確認します。失敗したジョブは再実行します。
    4. 実行中のジョブ、リストアセッション、インスタントVMリカバリセッション、およびSureBackupジョブがないことを確認します。実行中のジョブは停止せずに、正常に完了させることをお勧めします。定期的なジョブやバックアップコピージョブを一時的に無効にして、アップグレード時に、これらのジョブが開始されることのないようにします。
    5. 必要に応じて、構成バックアップの手動実行の説明に従って、構成バックアップを実行します。

    Veeam Backup & Replicationでは、バックアップ サーバーのPassword Managerに1つ以上のパスワードを作成した場合は、構成情報のバックアップを暗号化する必要があります。詳細については、「暗号化された設定情報のバックアップの作成」を参照してください。

    1. 製品ISOをマウントして、自動実行を使用するか、またはSetup.exeファイルを実行します。
    2. [Upgrade]タイルをクリックしてアップグレードウィザードを起動します。
    3. Veeam Backup & Replicationのインストール」セクションで示されているのと同じ手順を実行します。以前の製品バージョンで使用していたものと同じSQLデータベースとインスタンスを選択してください。

    アップグレードウィザードの[Ready to Install]ステップで、[Update remote components automatically]チェックボックスを選択して、バックアップインフラストラクチャに追加されているすべてのサーバー上のVeeam Backup & Replicationコンポーネントを自動でアップグレードするようにします。詳細については、「サーバーコンポーネントのアップグレード」を参照してください。

    1. セットアッププログラムによって、アップグレードが実行されるのを待ちます。
    2. リモートバックアップコンソールを使用する場合は、製品のISOファイルを使用して手動でアップグレードします。ただし、メジャーバージョン番号の変更であるため、今回は自動アップグレードはサポートされていません。
    3. [Veeam Updates]ページから、最新のアップデートをダウンロードしてインストールします。
    4. Veeam Backup & Replicationコンソールを開きます。必要に応じて、自動アップグレードウィザードが自動的に起動され、リモートサーバー上で実行されている製品コンポーネントをアップグレードするようメッセージが表示されます。ウィザードに従って、アップグレードプロセスを完了します。
    5. アップグレードする時点で使用できないリモートサーバーがある場合は、製品のメインメニューから、または、Veeam Backup & Replicationコンソールをいったん閉じてから再び開くことで、後からアップグレードウィザードを実行できます。古くなった製品コンポーネントはバックアップサーバーのバージョンにアップデートされるまでジョブで使用できないということに注意してください。
    6. 仮想ラボ機能を使用している場合は、各仮想ラボの設定を開き、ウィザードをクリックしてプロキシアプライアンスの新しいバージョンで各仮想ラボを再導入するようにしてください。
    7. [Veeam Backup & Replication 11GA (ビルド 11.0.0.837) で累積パッチ P20210319 以降がインストールされている場合]。バックアップインフラコンポーネントにLinuxサーバーを使用している場合、11aへのアップグレード処理では、VMware Backup Proxyの役割を持つLinuxサーバーにのみ新しい永続的データムーバーが自動的に配置されます。他のLinuxサーバーに導入する場合は、そのLinuxサーバーのプロパティをクリックするかSet-VBRLinux PowerShellコマンドレットを使用して一括導入します。Linuxサーバーはこれが実行されるまで従来の実行時データムーバーを引き続き使用して、バックアップリポジトリが永続データムーバー要件を満たしていないという問題を回避します。
    8. アップグレード前に無効にした、スケジュールされたジョブを有効にします。

    アップグレードの直後はバックアップサーバーのパフォーマンスが低下する可能性があるということを覚えておいてください。これは、構成データベースを最適化するメンテナンスジョブが原因で起こります。データベースのサイズによっては、この処理に最大1時間かかる場合があります。

    重要

    データ保護タスクと災害復旧タスクの際に、バックアップサーバーと通信するすべてのリモートサーバーで、Veeamコンポーネントをアップグレードする必要があります。リモートサーバー上のコンポーネントをアップグレードしないと、Veeam Backup & Replicationのジョブが失敗します。詳細については、「サーバーコンポーネントのアップグレード」を参照してください。

    無人アップグレード

    無人モードでVeeam Backup & Replicationを正常にアップグレードするには、次の手順を実行します。

    1. 製品の以前のバージョンをアンインストールします。
    2. 無人モードで、製品の新しいバージョンをインストールします。以前の製品バージョンで使用していた構成データベースに接続する必要があります。

    無人モードでのVeeam Backup & Replicationのインストールの方法については、「無人モードでのVeeam Backup & Replicationのインストール」を参照してください。