ステップ5:バックアップジョブまたはレプリケーションジョブのリンク

このページで

    ウィザードの[Linked Jobs]ステップで、SureBackupジョブとともに検証するVMのバックアップジョブまたはレプリケーションジョブを選択します。

    バックアップジョブまたはレプリケーションジョブをSureBackupジョブにリンクすることも、このステップをスキップすることもできます。バックアップ・ジョブまたはレプリケーション・ジョブをリンクしない場合、Veeam Backup & Replicationではアプリケーション・グループのVMのみが仮想ラボで起動されて検証されます。バックアップジョブまたはレプリケーションジョブをSureBackupジョブにリンクしない選択をできるのは、ウィザードの[Application Group]ステップで該当するアプリケーショングループを選択した場合に限ります。

    バックアップジョブまたはレプリケーションジョブをSureBackupジョブにリンクするには、次の手順を実行します。

    1. [Link jobs]チェックボックスを選択します。
    2. [Add]をクリックします。
    3. [Select Jobs]ウィンドウで、該当するバックアップジョブおよび/またはレプリケーションジョブを選択します。
    4. [Process simultaneously up to … VMs]フィールドで、同時に起動できる(リンクされたジョブからの)VMの最大数を指定します。たとえば、同時に3つのVMを起動する選択をすると、Veeam Backup & Replicationでは検証対象のVMごとにストリームを1つずつ、つまり3つのストリームを作成します。3つのVMすべてが一緒にテストされます。ただし、1つのVMを起動することを選択した場合、1つのVMのみがテストされて電源がオフになり、次のVMが利用可能なストリームで起動します。すべてのVMが検証されると、アプリケーショングループのVMの電源がオフになるか、または引き続き動作します(ウィザードの[Application Group]ステップで[Keep the application group running after the job completes]オプションが有効になっている場合)。

    リストからバックアップジョブまたはレプリケーションジョブを削除するには、該当するジョブを選択して[Remove]をクリックします。

    ステップ5:バックアップジョブまたはレプリケーションジョブのリンク