ステップ4:フェイルオーバーの理由の指定

このページで

    ウィザードの[Reason]のステップで、レプリカへのフェイルオーバーを実行する理由を入力します。入力した情報はセッション履歴に保存され、後から参照できます。

    ステップ4:フェイルオーバーの理由の指定