Microsoft SQL Serverのトランザクションログ設定

このページで

    [SQL]タブは、Microsoft SQL Serverを実行するVMが対象で、アプリケーション認識処理の構成時に[Process transaction logs with this job]を選択した場合に適用されます。

    Veeam Backup & ReplicationがMicrosoft SQL Serverのトランザクションログを処理するために必要な方法を構成するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Guest Processing]ステップで、[Applications]をクリックします。
    2. [Application-Aware Processing Options]リストで、Microsoft SQL Serverを実行するVMを選択します。
    3. [Edit]をクリックします。
    4. [Processing Settings]ウィンドウで、[SQL]タブに切り替え、トランザクションログを処理するために必要な方法を指定します。
    • CDPポリシーによって長期リストアポイントが作成された後にVeeam Backup & Replicationによってトランザクションログの切り捨てがトリガーされるようにするには、[Truncate logs]を選択します。

    この場合、トランザクションログは、CDPポリシーによって長期リストアポイントが作成された後に削除されます。作成が失敗すると、長期リストアポイントの作成が次に開始されるまで、ログはそのまま保持されます。

    • Veeam Backup & Replicationによってログがいっさい切り捨てられないようにするには、[Do not truncate logs]を選択します。

    このオプションは、別のツールを使用してVMゲストレベルのレプリケーションを実行する場合にお勧めします。このツールは、データベース状態の整合性を維持します。

    複数のVMを対象としたトランザクションログの処理を同時に構成するには、次の手順を実行します

    1. ウィザードの[Guest Processing]ステップで、[Applications]をクリックします。
    2. [Application-Aware Processing Options]リストで、複数のVMを選択します。
    3. [Edit] > [Microsoft SQL Server]をクリックします。
    4. 前のリストで説明されているオプションを構成します。

    Microsoft SQL Serverのトランザクションログ設定