開始する前に

このページで

    Microsoft Hyper-Vへのインスタントリカバリを実行する前に、次のことを考慮してください。

    • マシンの復元先となるHyper-Vターゲットホストをバックアップインフラストラクチャに追加する必要があります。
    • 次の構成はサポートされていません。
    • ストレージI/Oバランシングは、Hyper-Vホストで有効になっています。Microsoft Windows Server 2012以降、I/Oバランシングはデフォルトで有効になっています。
    • バックアップリポジトリのロールは、このHyper-Vホスト上のVMに割り当てられます。復元元のバックアップは、このリポジトリに保存されます。
    • VMをこのHyper-Vホストに復元することを計画しているか、SureBackupがこのホストを対象としています。

    このような構成で復元する方法については、このVeeamナレッジベースの記事を参照してください

    • ワークロードの復元先となるホストに対して[Disable changed block tracking for this host]オプションを選択しないでください。そのホストに対してこのオプションが選択されている場合は、インスタントリカバリの動作に必要なドライバが無効になります。 詳細については、 『Microsoft Hyper-Vユーザーガイド』の「接続ボリュームの構成」セクションを参照してください。
    • ワークロードは、正常に作成されたリストアポイントが1つ以上あるバックアップから復元できます。
    • ワークロードを本番ネットワークに復元する場合は、競合を避けるために元のワークロードの電源をオフにしてください。
    • リストアされるLinuxワークロードにdracutmkinitrdをインストールすることを強くお勧めします。そうしないと、リストア後に起動しない場合があります。
    • 復元したVMデータにウイルスがないかスキャンする場合は、セキュアなリストアの要件および制限事項を確認してください。
    • Tintriなど、Microsoft Windows SMB3以外のストレージで、リストアプロセスの間に、Veeam Backup & Replicationによって[Failed to disable integrity bit on disk N]という警告メッセージが表示されることがあります。Microsoft Windows SMB3以外のストレージの場合、このメッセージは無視してかまいません。
    • 復元したVMのMACアドレスは元のワークロードと同じです。このため、元のワークロードが実行されているのと同じHyper-Vホストにワークロードを復元する場合は、MACアドレスの競合が発生する場合があります。この状況を回避するには、復元プロセスを開始する前に元のワークロードの電源をオフにします。
    • [Nutanix AHV VMの場合] 復元したVMはネットワークに接続されません。手動でネットワークに接続する必要があります。
    • [Nutanix AHV VM、Amazon EC2インスタンス、およびMicrosoft Azure仮想マシンの場合] インスタントリカバリしたVMの仮想ハードウェアの設定は、デフォルト値(2つのCPUコア、4 GBのRAM、および1つのネットワークアダプター)になります。デフォルトの設定を変更する必要がある場合は、VMをオフにし、必要な仮想リソースを設定します。VMをオフにする前にインスタントリカバリセッションをオフにしないでください。