スクリプト設定

このページで

    レプリケーションジョブのスクリプト設定を指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Job Settings]のステップで、[Advanced]をクリックします。
    2. [Scripts]タブをクリックします。
    3. レプリケーションジョブの前や後にカスタムスクリプトを実行する場合、[Run the following script before the job]および[Run the following script after the job]チェックボックスを選択し、[Browse]をクリックしてバックアップサーバー上のローカルフォルダから実行可能ファイルを選択します。スクリプトがバックアップサーバー上で実行されます。

    いくつかのジョブセッション後や特定の曜日に、レプリケーション前および後のアクションを実行するように選択できます。

    • [Run scripts every... backup session]オプションを選択する場合、スクリプトを実行するまでに必要なレプリケーションジョブセッションの数を指定します。
    • [Run scripts on selected days only]オプションを選択する場合、[Days]をクリックして、スクリプトを実行する必要がある曜日を指定します。

    スクリプト設定

    次の点にご注意ください。

    • 詳細なジョブ設定で定義するカスタムスクリプトは、VM静止処理ではなく、レプリケーションジョブそのものに影響します。VMイメージ静止のプレスクリプトやポストスクリプトを追加するには、ウィザードの[Guest Processing]ステップを使用します。
    • [Run scripts on the selected days only]オプションを選択した場合は、選択した各日に、ジョブが初めて実行されたときに1回のみ、Veeam Backup & Replicationによってスクリプトが実行されます。それ以降のジョブ実行の間は、スクリプトは実行されません。
    • スクリプトを実行するために、Veeam Backup & ReplicationではVeeam Backup Serviceが実行されている[Service Account]を使用します。

    スクリプト設定