ステップ1:Configuration Database Restoreウィザードの起動

このページで

    Veeam Backup and Replication Configuration Restoreウィザードを開始するには、次のいずれかを実行します。

    • Veeam Backup & Replicationコンソールのメインメニューで、[Configuration Backup]を選択します。[Restore]セクションで、[Restore]をクリックします。
    • バックアップサーバーの[Start]メニューで、[Configuration Restore]をクリックします。
    • バックアップサーバーのインストールフォルダにあるVeeam.Backup.Configuration.Restore.exeを使用します。デフォルトでは、フォルダへのパスは%PROGRAMFILES%\Veeam\Backup and Replication\Backupです。
    • [設定情報のバックアップがバックアップサーバーに保存されている場合] Microsoft Windows Explorerで、設定情報のバックアップが保存されているフォルダを開き(デフォルトでは、バックアップサーバー上でディスク容量が最も多いボリュームのBackup\VeeamConfigBackup\<BackupServerName> )、目的の設定情報のバックアップファイルをダブルクリックします。

    ステップ1:Configuration Database Restoreウィザードの起動