VMware CDPプロキシ

このページで

    VMware CDPプロキシは、データムーバーとして機能し、ソースホストとターゲットホスト間でデータを転送するコンポーネントです。基本的に、VMware CDPプロキシは、次のタスクを実行します。

    • 本番ストレージからVMデータを受信する
    • 変更されたデータを集約する
    • 短期リストアポイント用のデータを準備する
    • データを圧縮および重複排除する
    • データを暗号化および復号する
    • 災害復旧サイトまたは別のVMware CDPプロキシ内のストレージにデータを送信する

    VMware CDPプロキシの導入

    VMware CDPプロキシのロールは、Veeam Backup & Replicationインフラストラクチャに追加されているWindows管理対象の仮想または物理サーバーに割り当てることができます。サーバーを追加する方法の詳細については、「Microsoft Windows Serverの追加」を参照してください。VMware CDPプロキシのロールを追加する方法の詳細については、「VMware CDPプロキシの追加」を参照してください。

    少なくとも2つのVMware CDPプロキシを構成することを推奨します。具体的には、本番サイト内に1つのプロキシ(ソースプロキシ)、災害復旧サイト内に1つのプロキシ(ターゲットプロキシ)を使用します。複数の同時タスクのパフォーマンスを最適化するため、サイトごとに複数のVMware CDPプロキシを使用できます。この場合、Veeam Backup & Replicationは、プロキシの接続性と現在の負荷を考慮しながら、利用可能なプロキシの間でリストアワークロードをタスク単位で分散します。継続的データ保護に最適であると見なされるプロキシの詳細については、「CDPのしくみ」を参照してください。

    VMware CDPプロキシ

    1つのVMware CDPプロキシがソースプロキシまたはターゲットプロキシとしてのみ使用されるようにシステムを設計します。

    たとえば、クロスクラスターまたはクロスホストレプリケーション(ESXi 1からESXi 2へ、およびESXi 2からESXi 1へ)を構成している場合、4つのVMware CDPプロキシを使用することを推奨します。具体的には、ESXi 1からESXi 2へのデータフロー用として1つのソースプロキシと1つのターゲットプロキシを使用し、ESXi 2からESXi 1へのデータフロー用として1つのソースプロキシと1つのターゲットプロキシを使用します。

    VMware CDPプロキシ

    仮想マシンにVMware CDPプロキシを導入する場合、ソースホストにソースプロキシを配置し、ターゲットホストにターゲットプロキシを配置することを推奨します。

    VMware CDPプロキシのサービスおよびコンポーネント

    VMware CDPプロキシは、導入に数秒かかる軽量のサービスを実行します。導入は完全に自動化されています。Veeam Backup & Replicationでは以下のコンポーネントとサービスをインストールします。

    • Veeam CDPプロキシのサービスは、データの集合、データの圧縮と圧縮解除、データの転送などのすべてのCDPアクティビティを管理します。
    • Veeam Installer Serviceは、Veeam Backup & Replicationコンソール内の管理対象サーバーのリストに追加されると同時にWindows Server上でインストールおよび開始される補助サービスです。このサービスでは、システムを分析し、サーバーに選択されたロールに応じて必要なコンポーネントおよびサービスのインストールとアップグレードを行います。
    • Veeamデータムーバーは、フェールバック中に送信されたトラフィックを処理します。

    VMware CDPプロキシのキャッシュ

    デフォルトでは、VMware CDPプロキシは、受信したデータをRAMに保存します。VMware CDPプロキシが過負荷状態になり、メモリが足りなくなると、プロキシはデータをキャッシュに保存し始めます。データがキャッシュまたはメモリから削除されるのは、プロキシによって送信されたデータをターゲットホストが正常に保存したことを伝える通知をプロキシが受信した後のみです。

    キャッシュがいっぱいになり、「空いている」VMware CDPプロキシがない場合、Veeam Backup & ReplicationはCDPプロセスを停止します。CDPが再開されるのは、新しいプロキシまたは「空いている」プロキシが出現した後、またはプロキシのキャッシュが空き領域を確保した後のみです。

    技術的観点からは、キャッシュはVMware CDPプロキシ上のフォルダです。1つのCDPポリシーで10を超えるディスクを保護する予定である場合、VMディスクごとに少なくとも10 GBまたは1 GBを割り当てることを推奨します。また、CDPポリシーに設定するRPOが長いほど、必要なキャッシュのサイズが大きくなる可能性があります。

    VMware CDPプロキシの要件

    バックアッププロキシのロールを割り当てる前に、次の要件を確認してください。