クイックバックアップ

このページで

    クイックバックアップを使用すると、VMに対してオンデマンドの増分バックアップを実行することができます。クイックバックアップは、バックアップジョブ内の1つまたは複数のVMの追加のリストアポイントを作成する必要があり、新しいジョブを構成したり、既存のジョブを変更したりしたくない場合に利用できます。クイックバックアップは、増分バックアップチェーンとリバース増分バックアップチェーンの両方で実行できます。

    クイック・バックアップは増分バックアップ・タスクです。Veeam Backup & Replicationは選択したVMに対して変更点のあるデータのみをコピーし、このデータをバックアップ・チェーン内の新しいリストア・ポイントに保存します。増分バックアップと同様、クイックバックアップは少なくとも1回正常にバックアップされ、フルリストアポイントのあるVMに対してのみ実行できます。VMに対してフルリストアポイントがない場合、クイックバックアップは実行できません。

    クイックバックアップ 

    クイック・バックアップを実行するために、Veeam Backup & Replicationでは既存のバックアップ・ジョブを使用します。VMに対してクイック・バックアップ・タスクを開始すると、Veeam Backup & ReplicationによりこのVMを処理するバックアップ・ジョブがバックアップ・サーバー上に存在するかどうかが検証されます。該当するジョブが検出された場合、Veeam Backup & Replicationによりジョブがトリガーされ、VM用の増分リストア・ポイントが作成されます。VMのバックアップジョブが存在しない場合、クイックバックアップは終了します。

    クイックバックアップは1つのVMに対して実行することも、複数のVMに対して同時に実行することもできます。複数のVMに対してクイック・バックアップを開始し、これらのVMが別々のバックアップ・ジョブによって処理される場合、Veeam Backup & Replicationによって一連のバックアップ・ジョブがトリガーされます。トリガーされた各ジョブにより個別のリストアポイントが作成され、対応するバックアップチェーンにこのリストアポイントが格納されます。

    場合によっては、VMがバックアップサーバー上で複数のバックアップジョブによって処理されることもあります。この場合、Veeam Backup & Replicationにより、VM用の最新のリストア・ポイントを作成したジョブが開始されます。

    たとえば、VM01は次の2つのジョブによって処理されます。

    • 月曜日に最新のリストアポイントを作成したバックアップジョブ1
    • 火曜日に最新のリストアポイントを作成したバックアップジョブ2

    VM01に対してクイック・バックアップを開始するとVeeam Backup & Replicationによってバックアップ・ジョブ2がトリガーされ。新しい増分リストア・ポイントが作成されます。

    クイックバックアップタスクがスケジュールされたバックアップジョブと重なる場合、バックアップジョブはクイックバックアップタスクが完了するまで待機します。

    クイックバックアップの制限

    vCloud Directorジョブにより処理されたvCloud Director VMに対してクイックバックアップを実行することはできません。ただし、通常のバックアップジョブによりvCloud Director VMを処理する場合、[Computer]ビューに切り替えてこのVMに対してクイックバックアップ操作を開始することができます。

    関連トピック