設定からの削除

このページで

    Veeam Backup & Replicationコンソールおよび構成データベースからバックアップに関するレコードを削除する場合、[Remove from configuration]操作を使用することができます。

    設定からバックアップを削除する場合、バックアップファイル(VBK、VIB、VRB、VBM、VBLOB)はバックアップリポジトリに残ります。後からバックアップをインポートし、そこからVMデータ/ファイルおよびフォルダをリストアすることができます。

    構成から暗号化されたバックアップを削除する場合、Veeam Backup & Replicationにより構成データベースから暗号化されたキーが削除されます。同じバックアップ・サーバーまたは別のバックアップ・サーバー上にこのようなバックアップをインポートする場合、パスワードを指定するか、Veeam Backup Enterprise Managerによりバックアップのロックを解除する必要があります。詳細については、「暗号化されたバックアップのインポート」を参照してください。

    設定からバックアップを削除するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Backups]または[Replicas]を選択します。
    3. 作業領域で、バックアップを選択して、リボンの[Remove from] > [Configuration]をクリックします。バックアップを右クリックして[Remove from configuration]を選択することもできます。

    クリックして拡大