構成データベースの移行

このページで

    構成データベースの移行は、別の場所、たとえばオフサイトにバックアップサーバーおよび構成データベースを移動する必要がある場合に役立ちます。この場合、バックアップサーバーを構成し、保存場所にMicrosoft SQL Serverを展開して、その後で、設定情報のバックアップからこのサーバー上のデータベースにデータをリストアします。その結果、追加の調整や微調整をする必要なく、バックアップサーバーの「レプリカ」を入手できます。

    Veeam Backup & Replicationツールを使用して、設定情報のバックアップを作成し、構成情報データベースを移行することをお勧めします。ネイティブのMicrosoft SQL Serverツールや他のツールを使用すると、移行後に、セキュリティ保護された設定データなど、一部の情報にアクセスできない場合があります。

    開始する前に

    移行プロセスを開始する前に、次のタスクを実行します。

    • ターゲットバックアップサーバーを準備します。

    ソースバックアップサーバーを移動するマシンにVeeam Backup & Replicationをインストールします。

    • 設定情報のバックアップを作成する前に、ソースバックアップサーバー上で、実行中のすべてのジョブを停止し、スケジュールされたすべてのジョブを無効にします。

    いかなるジョブも開始したり、有効化したりしないでください。移行が完了する前にジョブを開始すると、Veeam Backup & Replicationがチェーンに新しいリストアポイントを作成し、チェーンメタデータをアップデートします。作成された設定情報のバックアップには、この新しいリストアポイントの情報は含まれません。設定情報のバックアップからデータベースにデータを移行してジョブを再開すると、Veeam Backup & Replicationはチェーンメタデータをデータベース内のデータと同期できません。その結果、ジョブが失敗します。

    • 変更または作成したレジストリキーをバックアップサーバーに保存します。移行した後、構成データベースにはキーが保存されないため、キーを手動で作成し直すか変更する必要があります。

    設定情報のバックアップを移行する前に、Veeam Backup & Replicationは追加チェックを実行します。設定情報のバックアップが要件を満たさない場合、Veeam Backup & Replicationリストアモードに切り替えるよう提案します。

    リストアモードで、Veeam Backup & Replicationはバックアップサーバーに接続されたVMレプリカ、バックアップリポジトリ、テープライブラリを再スキャンします。データベースが新しいリストアポイントに関する情報を含むようにアップデートされ、後続のジョブセッションが適切に機能するようになります。

    移行の実行

    1. ターゲットバックアップサーバーで、メインメニューから[Configuration Backup]を選択します。
    2. [Restore]セクションで、[Restore]をクリックしてConfiguration Database Restoreウィザードを起動します。

    構成データベースの移行 

    1. ウィザードの[Restore Mode]ステップで、[Migrate]を選択します。

    構成データベースの移行 

    1. 構成データベースのリストア」セクションの説明に従って、ウィザードを終了します。
    2. 以前のバックアップサーバーでカスタムレジストリキーを作成していたか既存のレジストリキーを変更した場合は、ターゲットバックアップサーバーでレジストリキーを手動で作成し直すか再度変更する必要があります。

    ローカルリポジトリがある場合は、別のVMに移行した後、空として表示される可能性があります。その場合は、追加し直してジョブをリマッピングします。

    関連トピック

    設定情報のバックアップの作成