データの除外

このページで

    バックアップジョブまたはレプリケーションジョブを構成するときに、バックアップおよびレプリケートが必要なデータを定義して、不要なデータを除外できます。データの除外は、VMバックアップまたはレプリカのサイズを抑えたり、ネットワークの負荷を軽減したりするのに役立ちます。

    VMレベルまたはVMゲストOSレベルでデータを除外できます。

    VMレベルの場合:

    VMゲストOSレベルの場合:

    バックアップ・ファイルのサイズを抑えるため、Veeam Backup & ReplicationではVMログ・ファイルが処理から自動的に除外されます。