トランザクションログの切り捨て

このページで

    トランザクション・ログを使用する仮想化されたデータベース・システム(Microsoft ExchangeやMicrosoft SQL Serverなど)をバックアップまたはレプリケートする場合は、ログによってVMのストレージ領域がオーバーフローしないように、Veeam Backup & Replicationにトランザクション・ログを切り捨てるよう指示します。Veeam Backup & Replicationでは、トランザクション・ログを処理する次のオプションを使用できます。

    トランザクションログの切り捨て 

    Truncate logs(ログを切り捨てる)

    バックアップまたはVMレプリカが正常に作成された後にログを切り捨てるよう、Veeam Backup & Replicationに指示することができます。このオプションを選択すると、Veeam Backup & Replicationは次のように動作します。

    このシナリオでは、バックアップファイルまたはレプリカが作成された時点の状態にデータベースを復元できます。VMのトランザクションログは切り捨てられているため、このログを使用してデータベースをジョブセッション間の任意の時点の状態にリストアすることはできません。

    Do not truncate logs(ログを切り捨てない)

    VMのトランザクションログを切り捨てない選択をすることができます。Veeam Backup & Replicationとともに別のバックアップ・ツールを使用している場合は、このオプションが推奨されます。

    たとえば、Veeam Backup & Replicationを使用してVMイメージのバックアップを作成し、ネイティブのMicrosoft SQL Serverログのバックアップ・ジョブにトランザクション・ログをバックアップするよう指示することができます。Veeam Backup & Replicationを使用してトランザクション・ログを切り捨てると、トランザクション・ログのチェーンが壊れるため、Microsoft SQL Serverログのバックアップ・ジョブで一貫性のあるログのバックアップが作成されなくなります。

    このオプションを選択すると、Veeam Backup & Replicationによってバックアップ・ファイルまたはVMレプリカが作成されますが、トランザクション・ログの切り捨ては実行されません。その結果、任意の時点にキャプチャされたVMイメージを含むバックアップファイルまたはVMレプリカと、VMのトランザクションログが作成されることになります。このトランザクションログを使用して、VMをジョブセッション間の任意の時点の状態にリストアできます。そのためには、VMをバックアップファイルから復元するか、レプリカのフェイルオーバーを実行し、データベースシステムツールを使ってトランザクションログを適用し、データベースシステムを任意の時点の状態に復元する必要があります。

    Back up logs periodically(ログを定期的にバックアップする)

    このオプションは、Microsoft SQL Server VMおよびOracle VMをバックアップする場合に使用します。

    Veeam Backup & Replicationを使用してログをバックアップすることを選択できます。詳細については、「Microsoft SQL Serverのログのバックアップ」および「Oracleのログのバックアップ」を参照してください。

    データベース可用性グループ(DAG)のサポート

    Veeam Backup & Replicationでは、DAGのあらゆる設定(特に、1つのノードですべてのデータベースがアクティブだったり、各ノードでデータベースがアクティブだったりする場合)をサポートします。Veeam Backup & Replicationでアクティブなデータベースとパッシブなデータベースのどちらがバックアップされるかに関係なく、すべてのDAGメンバーのトランザクション・ログが切り捨てられます。

    Microsoft Exchange Serverのバックアップに関する詳細情報と推奨事項については、以下も参照してください。

    関連トピック